少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 【楽しい野球】にあって【楽な野球】にないもの

楽しいという漢字と楽という漢字は同じ漢字を書きますが

私は【楽しい】と【楽】は相反するものだと伝えさせていただいてます。

楽しく野球をして欲しい

本当に楽しいものとは楽ではないし・・

楽なものは本当に楽しいものではない。

本当の楽しさを求めるのであれば楽は諦めなければいけないし

楽をしたいのならば本当の楽しさは諦めなければいけません。

【子供に楽しく野球をやって欲しい】

最近、多くの親御さんがこの言葉を口にされます。

楽しい野球とは何なのでしょうか・・

努力の先で得た楽はいいかも知れませんが

何の努力や練習もせずに最初から楽を求めるのは間違いです。

楽は長続きしない

楽をする子は【飽きる】のです。

結果的に【楽をする】とつまらなくなるからです。

楽には【満足感】がないからです。

楽しさを感じたい子は・・

『もっと上手くなりたい』

『もっと勝ちたい』

そう思っているわけです。

この【もっと】が彼等を上達させます。

野球を上手になりたい。

このチームで勝ちたい。

そのためには【楽】な道はないと彼等は知っています。

楽をする選手は不平不満を言う

楽の中に本当の楽しさはありません。

楽ばかり求めると楽しさとが遠ざかってしまいます。

毎日することがない学生の子が

『なんか面白いことねーかなー』

『まじで毎日つまんねー』

と言うのは正にこれです。

何をやってもつまらない・・

満足感が得られない・・

それを【楽】ばかりしている自分のせいだと気が付かずに不平不満を言い出してしまいます。

楽に慣れてしまえばしまうほど・・

本当の【楽しさ】が遠ざかってしまいます。

楽しさはプロセス

【楽しさ】ってプロセスだと思うんですよね。

そのプロセスには【辛い練習】や【挫折】も入っています。

それも楽しさの一つなんです。

成功体験や失敗を重ねながら自分の目標に向かっていく。

【楽】にはプロセスがありません。

野球を彼等が終えた後・・

【楽しさ】を知っている人間は社会に役立つことがたくさんありますが・・

【楽】だけを求めた人間は何もありません。

そして、社会に出ても再び【楽】を探してしまい・・

『なんか楽しい事ないかなー』と言い・・

【本当の楽しさ】を知らない大人になってしまいます。

楽しいものには【満足感】と【プロセス】がありますが・・

楽なものにはこの二つがありません。

年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。