少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

年中夢球講演会

講演会のご案内

こんにちは!年中夢球です。

選手としての野球の心構えとは何でしょうか?
野球少年を持つ親御さんの心構えとは何でしょうか?
スポーツをする上で『心技体』という言葉があります。この言葉の一番前には『心』があります。心が技や体をコントロールします。つまり野球の心構えは『心が前』なのです。私のメンタルコーチングは試合前に緊張してしまう・チャンスで結果が出ない・・そういう部分の心を強くするための方法に加え、野球を通して感じ取ってほしい感謝や仲間を想う気持ちなどの心の部分にもスポットを当てていきます。
また選手だけでなく親御さん向けのコーチング講演会・指導者様向け講演会も実施しています。親としてどう野球少年と向き合うのか・・親御さん向け・選手向け・指導者様向けの3つの講演会を御用意しております。詳細は下記からお読みください。皆さまとお会いできる日を心から楽しみにしています。

親と選手のベースボールメンタルコーチ

年中夢球

 

心の強さ 心が前
最終回の場面でサヨナラヒットを打ちました。

技術は何割で気持ちは何割だったと質問をして技術が10割と答える選手はいないのではないでしょうか?

技術5割・気持ち5割だったとしましょう

技術の練習はたくさんしているのに・・

気持ちの練習をどれくらいしているでしょう?

  • 試合前に緊張してしまう。
  • ミスを引きずってしまう。
  • チャンスで結果が出せない。

メンタルを強くしたい。

そんな自分を変えたい人のために・・

『挨拶をすること』『返事をすること』・・

これらを【礼儀】と言います。

しかし、それ以上に大切なことがあります。
【礼節】という言葉を皆さんはお聞きになったことがありますか?

心にあるものを礼節と言いその心を形にすることを礼儀と言います。

野球をする上で大切なことは『形』ではなく「心」です。

心で野球をすることによって見えてくるものがあります。

野球の『心が前』と『心の強さ』をコーチング
年中夢球 経歴

学童野球・硬式クラブチームの指導経験20年。

facebookとインスタのフォロワーが40,000人以上を越え雑誌などにも執筆、6月には書籍化も決定。

今までは主に野球少年の親御さんにブログや講演会を中心に発信して参りましたが、この度、メンタルコーチの資格を取得いたしました。

今後は親御さんにも選手の皆さんにも「年中夢球」らしく【心の強さ】と野球をしていく上での【心が前】をお話しさせていただけたらと思っています。

少年野球チーム・クラブチーム・高校・各連盟さんなど団体様の御依頼をお待ちしております。

*個人でのお申し込みは受け付けておりません

選手向けメンタル講演会(約120分)

こんなチームに・・

  • 試合になると緊張してしまう選手が多い
  • チームをひとつにしたい
  • 正しい目標の立て方がわからない
  • 自分で考え行動する選手を育てたい

~最好の自分と最高のチームを作るために~

・野球の心構えとは

・チームって何だ?

・正しい目標の設定の仕方

・最終回一打逆転の打席で何を考えるか?

・試合前の緊張は悪い事ではない・・他

講演コーチング料 30,000円(税別)

親御さん向け講演会(約120分)

  • 子供をサポートしたいがどうサポートしていいかわからない親御さんが多い
  • 子供につい感情的になってしまう親御さんが多い
  • 指導者に口を出す親御さんが多い
  • 親御さんを一つにしたい

~親の見守り方で子供の野球は変わる~

・あなたは見守る親か見張る親か?

・それは怒っているのか?叱っているのか?

・過干渉な親になっていませんか?

・子供の話を『聴いて』いますか?

・孝行球児になるために親が出来ること・・他

講演コーチング料 30,000円(税別)

*指導者様向けの講演会も実施しております。監督者会議・シンポジウムなどの機会がありましたらお声掛けして下さい。

○講演実績

・新潟硬式野球連盟40周年記念式典特別ゲスト・つくばヤングリーグ様・野球教室Go every baseball様(元ヤクルト・日本ハムで活躍された増渕竜義さんがご指導されています)・神奈川ボーイズ様・駒込ベアーズ様・八重洲ブックセンター・大阪・東京・神戸・仙台・横浜など他多数

*交通費は別途のご請求となります。(講演会後に電車がない場合は宿泊代もご請求いただきます)

*講演内容を聞いた方の感想

親御さんから・・

・漠然と子供を応援していましたがその応援の方法が違う事がわかりました。

・目から鱗の話ばかりでした。明日から子供の接し方を変えます。

・私は応援ではなく子供にただ期待をしていただけだと痛感しました。

・指導者の方から・・

・自主性の意味を間違えていたことがわかりました。

・明日から実践したい事がたくさんありました。

・私は『形』と『技術』ばかりを教えていました。

選手から・・

・試合前に緊張していないと自分に嘘をつく所から変えていきます!

・チームとは何か?と聞かれて答えられませんでした。明日からは【チーム】を作り上げていく楽しさが出来ました。

・バッターボックスで何をすべきかがはっきりとわかりました!

 

下記問い合わせフォームからお問い合わせいただくか下記メールアドレスからお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちらから