少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球~親がグラウンドに行くことが辛くなった時~

子供の野球を見に行くことが辛い・・

今日はそんな親御さんに読んでいただきたい記事です。

チームの中の我が子

ちょっと子供の野球を見に行くのがしんどいなあ…

そんな時ってありますよね。

一生懸命がんばっている我が子。

だけどなかなか試合に出られない。

勝負事だし頭の中ではわかっているのだけど…

子供が野球チームに入部した時…

親である私たちは「自分の子供を通してチーム」を見ていたと思います。

それが何回もグラウンドに足を運ぶと自分の子供以外の選手や親御さんと仲良くなってきます。

もちろん、我が子は我が子でかわいいのですが、チームのみんなが好きになっていきます。

こうなると「チームを通して我が子」を見れるようになってきます。

全員が試合に出ています

「うちの子を試合に出してください」

こういった言葉が出てしまう親御さんは、いつまでも「我が子」だけのことを考えている証拠です。

親であればスタメンに出ている我が子を見ていたいのは当たり前の気持ちです。

「うちの子を試合に出してください」

私からするとまずこの考え方が違うのです。

ベンチの選手も全員試合に出ています。

ピッチャーにいい状態でマウンドにあがってもらおうとしている第2キャッチャー。

試合のリズムを壊さないようにしているボールボーイとバット引き。

前の打席にどこにボールが行ったのかをスコアを見て懸命に指示を出す選手。

子供達は皆「チームのための一人」としてがんばっています。

見ている人は見てくれています

要は親が

「何を見ているのか」

「どこを見ているのか」

が大事です。

グラウンドに足が遠のく気持ちもわかります。

ですが、その時こそ、グラウンドに行って我が子の姿を見てあげてください。

その姿を見るからこそ気付くことが必ずあるはずです。

その姿を見るからこそ試合に出たときの喜びは何事にも変えられないものになります。

ボールボーイやバット引きをがんばっている我が子の姿を見ているのはあなただけではありません。

仲間達も見ています。

そして、いつもその姿を見てきたチームメイトのお母さんもお父さんも見ています。

お子さんが試合に出たときは、仲間やチームの親御さんが心から応援する姿があります。

私のチームでもなかなか公式戦に出られない選手が試合に出ると、誰よりも一番大きな声援をもらっていました。

見ている人は見てくれています。

そこでヒットやナイスプレーが出ると涙を流して喜んでくれる親御さんもいます。

他の子のプレーで喜び涙してくれる人がいる。

チームって素晴らしいと思える瞬間です。

親にしかわからない表情があります

グラウンドに足を運ぶとチームの子供がみんな「我が子」みたいに思えてしまう。

最初は「我が子を通してのチーム」だったのが「チームを通しての我が子」になり「チーム全員が我が子」のように思える。

野球って素晴らしいスポーツです。

グラウンドに足を運ぶことに気が進まない親御さん。

スタメンで試合に出られない時こそグラウンドに足を運んであげてください。

ちょっとした表情や行動。

親にしかわからないものがそこにはあるはずです。

親だからわかるものがあるはずです。

~年中夢球~

 

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。