少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 兄ちゃんは弟の目標になるために・・

青羽(あおば)君と甲斗(かぶと)君。

二人の兄弟は今別々に暮らしています。

父から兄へ・・そして弟へ

お兄ちゃんの青羽君・・

高校で寮生活をしています。

一緒にいるときはよく喧嘩もしたけれど・・

お兄ちゃんが大好きな甲斗君。

青羽君が寮生活を始めてから・・

元気がない時も多くなったそうです。

先日・・

お父様が寮生活を送っている青羽君に会いに行き

『辛くないか?自分のためにがんばるのは難しいから誰かのためにがんばったらいいよ』

そう声を掛けたそうです。

それからしばらくして・・

お母様のところに青羽君から電話がありました。

『お父さんとお母さんに感謝することが最近多いよ。お父さんが言った「自分の為に頑張るのは難しいから、誰かの為に頑張ったらいいよ」って言葉で今、頑張れてるよ…』

お父様の想いが届いていたんですね。

そして・・

彼は続けてお母様にこう言いました。

『甲斗はどう??頑張ってる?』

離れて暮らす弟のことが気がかりなのでしょう。

『カブは少しやる気がないかな・・』

とお母様が言うと

『じゃ、甲斗に電話する・・』

と青羽君は答えました。

その後・・

青羽君は甲斗君に電話をしてこう言ったそうです。

『誰かの為に頑張れ。あんちゃんは甲斗の目標になれるように今キツイけど頑張ってるから」

電話を切ったあと…

甲斗君は・・

ちょっと涙を流して・・

それから・・

素振りをしに外に出ていきました。

誰かのために・・

人間は基本・・

自分のためにがんばるものです。

ですが・・

誰かのためにと思うことで・・

たくさんの力をもらえ・・

辛い事があったときにもがんばれるのだと思っています。

きっと・・

青羽君と甲斗君のお父様とお母様も・・

青羽君と甲斗君の存在があるからがんばれているのだと思います。

きっと・・

世の親は皆同じではないでしょうか?

辛い事もたくさん人生にはあるけれど・・

子供のためにがんばっている。

青羽君から元気をもらった甲斗君。

君もいつか・・

誰かのためにがんばれる時が来ます。

お父さんや青羽君がそうだったように・・

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。