少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 我が子が一生懸命じゃない時にこそ親は応援するんだよ

先日80歳を過ぎた母の所に行ってきました。

応援って何だと思う?

私の母は野球は好きでしたが・・

あまり人前に出るのが好きなタイプではないので・・

私の野球にもほとんど来ることはありませんでした。

『講演会でどんな話をするんだい』

そう母が聞いてきたので・・

『本当の応援とは何かとか色々話すよ・・』

そう答えると・・

『本当の応援か・・』

お茶を飲みながらポツリと答えました。

何か言いたそうな母に・・

『おふくろにとって我が子の応援ってなんだった?』

そう聞いてみました。

 

一生懸命の時は…

『応援ねえ・・

あんたが野球を一生懸命野球をやっている時はみんな応援してくれたでしょ。

監督さんも仲間も・・。

だからね・・

あんたが一生懸命野球やってるいる時は親の応援なんて別にいらないんだよ。

たくさんの人に応援してもらっているんだから。』

そう母は話し始めました。

『ただね・・

あんたが野球を一生懸命やっていない時があっただろ。

レギュラーを取られて腐っていた時・・

あんだけやっていた素振りもやらない・・

一生懸命野球やってないなってすぐわかったよ』

そうなんですね・・

僕は一時野球に対して腐っていた時期があります。

一生懸命やっていない時こそ…

母はお茶をすすりながら続けてこう話しだしました。

『子供が一生懸命やっていない時こそ親の出番なんだよ。

子供が一生懸命やっていない時に応援するのが親なんだよ。

【あなたが一生懸命やらないなら私は応援できないよ】

っていう親がいるでしょ。

あれは違う。

全くの逆。

子供が一生懸命やっていない時に応援できるのは親しかいないでしょ。

【あなたが一生懸命やらないなら私は応援できない】

なんて言うのは親のエゴだよ。

本当の応援じゃない』

コロッケの味

我が子が一生懸命やっている時も親はもちろん応援している。

だけど・・

我が子が一生懸命やっていない時こそ応援するのが親。

そして・・

その時にどう応援するのかが大切です。

私の母は・・

私に何かあるといつもお弁当に私の大好きなコロッケを入れてくれていました。

そのコロッケが私にたくさんの力をくれました。

そして・・

一生懸命の大切さを私に教えてくれた気がします。

『応援ねえ・・』

そう言って母は窓の外の遠くを見つめていました。

もう食べれないでしょうが…

母のコロッケの味は私の心の中に残っています。

~年中夢球  photo RIE. S~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。