少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球チーム~集める時代ではなく集まるチームにする~

少年野球の現状の報道を連日のように目にします。

野球に対すする考え方も多様化してきました。

少年野球の問題点

お茶当番の廃止。

ピッチャーの登板過多の問題。

試合に全員を出場させる可否。

試合日程の多さ。

勝利至上主義。

髪型。

練習時間の長さ。

こういう問題が多く報道されています。

今まで当たり前だと思われていた【通例】が議論されることは大変いいことだと思っています。

ただ・・

こういう報道がなされると新しい意見が【正義】のような論調になってしまうような気もして・・

少し違和感を感じます。

ひとつひとつの問題を個別化して考えなければいけませんね。

 

 

野球に対しての考えは十人十色

僕が思うのは色々な選択肢が増えることはとてもいいことだと思っています。

球数の問題は【共通】になることでしょう。

しかし・・

その他の問題はどうでしょうか?

練習時間も短いほうがいいという意見が多くあります。

1日の練習時間が3時間というガイドラインもあります。

ただ・・

中には1日野球をやっていたいという選手もいれば・・

同じ考えの親もいるわけです。

全員が試合に出た方がいいと考えもある一方で・・

レギュラーは努力でつかみ取るものと考える親子もいます。

チームの方針を明確にして知らせる

球数の問題は全体の共通ですが・・

その他の事は全部同じ方向を向くこともないのかと・・

そう思っています。

チーム方針が各チームにあって・・

そのニーズに合ったチームを選ぶ。

そのためにも・・

連盟のホームページにしっかり全チームが方針を記載する。

全員試合に出させますとか・・

実力主義ですとか。

お茶当番はありますとか・・

ありませんとか。

練習時間は一日やりますか・・

3時間だけしかやりませんとか。

それを見て親と子供ががチームを選ぶ時代にすればいいと。

そうなれば越境のペナルティも廃止にすべきではないかと考えています。

以前にも書きましたが学童野球も選ばれていく時代に突入すべきではないかと思っています。

野球への考え方が多様化されている時代です。

そのニーズに合ったチームを選ぶ。

そもためにもチームの方針を飾り物ではなく明確にする・・

そんな時代が近い日に来るのではないでしょうか?

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。