少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

野球少年の抜いてはいけない【親しらず】の歯

親知らずと呼ばれる歯があります。

【親知らず】って必ず抜くものかと思っていたのですが必ずしもそうとは限らないらしいんですね。

親知らず…

そもそも【親知らず】とは・・

【乳児の歯の生え始めとは違い、親がこの歯の生え始めを知ることはない。 そのため親知らずという名が付いた。これは物事の分別がつく年頃になってから生えてくる歯であることに由来する】

だそうです。

歯の名前の由来のように・・

我が子も小学校・・中学校・・高校と年齢を重ねていくと・・

どんどん親が知らない【我が子】が多くなってきます。

少年野球の時は・・

『お母さん!今日ヒット打ったよ!』

『お父さん!キャッチボールしよう!』

そう言って何でも話してくれた我が子。

中学野球になると・・

『ああ・・』

『微妙・・』

そんな言葉しか言わなくなってきます。

『何があったの?』

『今日の試合はどうだったのよ?』

そう聞きたくなるのが親心ですよね。

どんどん親の知らない我が子が多くなっていく・・

『親知らず』

の状態ですね。

抜いてはいけない親不知とは…

口数が少なくなっていく我が子が本当は心配でたまらない・・

子供は母親のへその緒から離れ・・

手を離れ・・

言葉も目も離れていく。

でもいつの時代も離れていないものが一つだけあります。

【心】

年齢が重なって子供が大きくなっても・・

心だけは繋がっています。

親子ですから・・。

親知らずのことが多くなっても・・

必ず心は繋がってます。

色々なものが離れていくのは親として寂しい気持ちもしますが・・

それは子供が自立している証でもあります。

抜いてはいけない親知らずは・・

【自立】という歯なのかもしれません。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。