少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 応援の想いが正しい形になっていますか?

親であれば我が子は可愛く試合で活躍している姿を見たいと思うものです。

そして我が子を応援したいと思うものです。

野球少年を応援する形

皆さんは我が子にどんな想いで・・

どんな形で応援していらっしゃるでしょうか?

きっと・・

想いは親である以上同じだと思うんですね。

問題はその応援の想いをどう形にしているかという事なのではないでしょうか?

「ヤル気あんのかよ?」

「夕飯抜きだ」

「野球やめちまえ」

これらは【応援】の言葉なのでしょうか?

この言葉を口に出してお子さんのやる気を奮起させようと思っていらっしゃりる方もいらっしゃると思いますが・・

大方の方は自分の感情が収まらないからにしか聞こえません。

しかもグラウンドで我が子にこういう言葉を大声で投げかける親御さんがいらっしゃいますが・・

『家でやったらどうでしょうか?』

と正直思います。

悪口で自分の子の立場を上げる親

『あの子、キャプテンに向いてないよね』

『ウチの子の方があの子より上手いのに』

『ウチの4番打者って本当に打てないよね』

こんな風に・・

子供の悪口を平気で言う親御さんがいらっしゃいます。

そして・・こういう親御さんは【言いふらします】

周りの子供の悪口を言い自分の子供の立場を上にしようとしているからです。

ひどい親御さんになるとコーチ達にも言ってきます。

子供の悪口や指導者の悪口、親御さんの悪口・・

事実関係のことならいいのです。

『うちの子がイジメにあっている』

『あの親御さんが○○な事をして困っている』

など・・。

ただ『ウチの4番は打てない』などは大きなお世話です。

私は自分にこういう悪口を言う人間は・・

私の悪口も言っているのだろうと思っているので残念ながら信用しません。

応援とは『後押し』

自分の子供を応援したいと思っているのに・・

その応援の形を間違えてはいけません。

子供の気持ちより自分の気持ちを優先させたり・・

悪口や陰口を言いふらして自分の子供の立場を上げようとすることは『応援』とは呼べないのではないでしょうか?

私からするとそれは『応援』ではなく・・

子供の成長を邪魔する『妨害』です。

毎日子供の事を考えてお弁当を作る。

毎日ドロドロになったユニフォームを真っ白にする。

そういう『後押し』が親がしてあげられる本当の応援ではないでしょうか?

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください