少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 その一言は【ペアレンツファースト】かもしれません

プレーヤーズファースト。

このブログでも何回かお話しさせて頂いているテーマです。

今日もホームラン打ってね!

プレーヤーズファースト・・

文字通り【プレーヤーの事を一番に考える】という意味です。

少年野球の現場にいるとこういう場面があります。

試合前・・

ベンチに入ろうとする我が子やチームメイトに

『今日もホームラン打ってね!』

『期待してるわよ!』

『今日も頼むわよ!』

『絶対勝ってね!』

『ヒット打ったら焼き肉ね!』

こんな声を掛ける親御さんがいらっしゃいます。

試合前は親の言う事は耳に入っていない

出かける前の家ならまだしも・・

もう試合が始まる直前です。

僕が選手だったら・・

正直・・

うっとおしいです。

応援したいお気持ちはよくわかるんです。

試合前に先発ピッチャーがブルペンに入ると・・

ブルペンのすぐそばで我が子を観ているお父様も同じです。

一度選手にこの事を聞いてみた事があります。

その結果・・

『気が散るから嫌だ』

『耳に入っていない』

という意見が全員の意見でした。

残念ながら・・

試合直前の親御さんの声は選手にはあまり効果は無いようです。

ペアレンツファーストになっていないか?

それなのになぜこのような言葉をかけてしまうのでしょうか?

それは・・

もちろん子供を応援したい気持ちもあるでしょうが・・

ご自分が言わないと気が済まないからではないでしょうか?

試合前は親御さんもドキドキ・ソワソワするものです。

その一言を言う事によってご自分が安心したいのかもしれません。

ですが、それでは

【プレーヤーズファースト】

ではなく

【ペアレンツファースト】

になってしまうのではないでしょうか?

子供のためと思っていることが・・

実は自分のために行っていることがあるかもしれません。

~年中夢球 photo buchiko~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください