少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

卒団した選手のネクストステージを見て来ました

リトルを卒団した後・・

教え子たちはどのような道に進み・・

どのような高校野球生活を終えたのか。

目配り・気配りが徹底されているチーム

それを確かめるために先日、横浜市の「旭峰ポニー」さんにお邪魔させていただきました。

今年の夏・・

横浜商業で主将を務めた稲妻。

佐久長聖で甲子園でも投げた小嶋。

この二人はリトルを卒団した後にこの旭峰ポニーさんでお世話になり高校野球というネクストステージに上がりました。

齋藤監督は横浜高校活躍された後に亜細亜大学・熊谷組で活躍された監督さんです。

その後、高校野球の指導者もされたいた球歴をお持ちの方です。

「中学校の選手は身体も技術も高校生に比べて出来ていないので目線を落として指導しています。そして高校野球で通用する選手を育てたい。そのためにも技術だけでなく目配りや心配りが出来ていないとダメなんです」

そう齋藤監督はおっしゃっていました。

選手を見るとバッティング練習での待ち時間でも私語を話す子が一人もおらず・・

一番印象に残っているのは地面に落ちているゴミをサッと拾い上げる選手がいました。

齋藤監督がおっしゃる「目配り・気配り」が徹底されているチームさんです。

今年甲子園出場選手が4人いる理由

旭峰ポニーさんは今年小嶋を含めて4名の選手が甲子園の土を踏んでいます。

1チームから4人もの選手が甲子園に出場できるのは何故なのか・・

練習を見させていただいてその答えがわかったような気がしました。

選手一人一人のバットの振りがともかく鋭い。

中学生がここまで振れるのは相当な厳しい練習が裏にあるからだと思います。

稲妻と小嶋も「練習の虫」だったそうです。

選手に

「何故、旭峰さんを選んだの?」

と話を聞くと

「設備の充実と・・先輩たちのように甲子園に行きたいからです」

そう話してくれました。

先輩たちが残した足跡がしっかり引き継がれている・・

そう感じました。

高校野球へのステップとなる中学野球。

その3年間はとても大切なものとなります。

教え子の稲妻と小嶋がリトルを卒団した後にどういう選手だったのかを知れて嬉しくなりました。

旭峰ポニーさんでは選手を募集しております。

ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

http://kyokuho.info/index.html

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください