少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 バッティングセンターの落とし穴

野球少年ならバッティングセンターに行ったことのある選手が殆どでしょう。

イチロー選手が毎日バッティングセンターに通っていた話は有名ですね。

皆さんはお子さんとバッティングセンターに行くときに何か目的を持っているでしょうか?

もちろん気持ち良く打つこともいいのですがせっかく行くバッティングセンターですから有効的に使いたいですよね。

①遅い球を打つ

バッティングセンターに行くと子供は速い球を打ちたがります。

自分はこんな速い球を打てるようになった…

そんな気持ちもあるでしょう。

私は自分の子供がバッティングセンターに行くときに

『必ず一打席は一番遅い球を打つように』

と言っていました。

遅いボールは軸足に体重を乗せてタメをつくり十分にボールを引きつけて自分のミートポイントで打たなければいけません。

速い球で打つとタイミングが合えばフォームが悪くても球の速さが速いため打球も弾きとばせてしまうことがあります。

ですが遅い球はそうはいきません。

速いボールを打てばその反発でそれなりに速い打球はいきます。

しかし、遅いボールでは反発を利用しにくい分、強い打球を打つことは難しくなってきます。

ということは、力がボールにしっかり伝わらないと強い打球は飛ばせないということです。

しっかりとしたフォームで打たなければ飛んで行かないのです。

そう考えると遅いボールを打つ時は自分の弱点が明確になります。

遅いボールを打つ時こそビデオや連写をされるといいかもしれません。

②速い球を打つ

では、速球を打つことは無意味なのかというともちろんスピードボールで練習することも大切です。

速いボールを打つ時には目を慣らせることが大切です。

スピードに目が慣れるということですね。

そして、そのスピードボールにフォームが崩れずに強いボールが打てるかが大切です。

面白い練習を一つ。

バッティングセンターで一番速い球を打った直後に一番遅い球を打ってみてください。

そしてその初球。

遅いボールと分かっていてもほとんどの選手が打ち方を崩されます。

どうやったら崩されないか・・

崩された時にどう反応するのか・・

そんな練習にのもなります。

③それぞれの目的

※ベースから少し離れて、外角にポイントを決め外角打ちだけをしたり、ベース近づいて内角だけを打つなど目的意識を持った練習。

※バント練習

※フォームチェック

バッティングセンターも意識を持つことで練習の幅が広がります。

それから・・

ボールは決して打たないことも大切です。

バッティングセンターだとついついボール球も打ってしまいがちになりますから。

気持ちよく打つことも時には必要だと思います。

ですが・・

いかに『目的意識』を持っているか。

そういうことがバッティングセンターでも出来る子はやはり上達していきます。

参考になれば幸いです。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です