少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

高校野球 その解説はいらない

高校野球を観戦していると本当に色々な人がいます。

純粋に高校球児を応援している方ばかりではなくその中には耳を塞ぎたくなる声を耳にすることがあります。

選手を中傷する解説はいらない

時折…

球場で解説者になっていらっしゃる方っていますよね。

『今の場面は送りバントだろ』

『ここでカーブかよ』

など戦略的な部分を言葉に出すのはまだわかるのです。(私は言いませんが)

しかし…

『なんでここで代打ださないんだよ』

『こいつじゃ打たれるよ』

などの人を中傷的にする声は聞いていていいものではありません。

それを聞いている親御さんがいるかもしれませんよね?

この大会に出るまでに…

この試合に出るまでに…

親御さんがどれだけの思いで接してきたのか…

そこまで考えれない人達だから、こういう残念な言葉が出てくるのでしょう。

知り合い以外の選手にも親はいる

少年野球や中学野球の指導者の方が教え子の姿を観に球場に足を運ぶことがあります。

教え子の晴れの姿を見たい…

お気持ちわかります。

ですが・・

スコアボードにその選手の名前がない時があります。

『あの子だったら○○のほうが絶対上手いよ』

『お宅の監督見る目ないな』

そんな一言をその親御さんに言ったり、わざわざLINEをしてきたり…

教え子の肩を持ちたい気持ちはわかりますが…

『余計なお世話』

です。

その子もチームメイトの一人であり・・

その選手にも一生懸命見守ってきた親がいるのです。

たった1試合を見ただけで・・

簡単な一言を言わないで言わないで欲しいのです。

仮に昔の知り合いが私に

『あの子だったら息子のほうが上手いよ』

そんな一言を言ってくれても・・

私は嬉しくありませんし寂しい気持ちになります。

知り合い以外の選手にも親はいる・・

そんな想いをみなさんに持っていただきたいと思います。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。
Comment (1)
  1. 佐藤葉子 より:

    我が家の長男は、高校野球時代
    先輩の親達が私の後ろから、打席に立つと溜息・打っても喜ぶのは友達と私だけ…という仕打ちをずっとされたので(笑)
    ほかの強豪校をずっと夢みて、受験で挫けて、楽しく野球をやりたい!と悩んで悩んで決めて入った高校
    入部前から、大した上手くもないくせに〇〇高校受けて案の定落ちて、この学校に舐めて入って来る子…と話題にされてぃした
    そんな学校が強くなる訳もないですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です