少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 試合に出られない悔しさのエネルギーの2つの使い方

先日こんな悩みをあるお母様から頂きました。

「私の子供は小学校2年生から野球を始め今年度が最終学年である6年生になります。でも私としては、小学生は勝つことよりも大切なものがあると思っています。子供も私も不満です。子供は毎日、怒って帰って来ます。もう少し平等に全員の選手を公式戦で出してほしいと思っています。コーチにもう少し試合に出してほしいと相談してみようか考えています。何かいいアドバイスがあれば教えてください』

こういうご相談が私の所には多く寄せられます。

 上手くいかない原因は・・

まずは試合に出られないという悔しさは理解できます。

私も勝つ事がすべてではないと思っていますが・・

野球に限らずスポーツというのは『勝つ』ことを前提に考えなければいけないとも思っています。

そして、子供と一緒になって監督やコーチの悪口を言っている事は好ましい事ではありません。

又、選手起用や練習方法は親が口を出す所ではないと思っています。

ですが、炎天下の中で一切休憩をしない、水分補給がないなどお子さんに「危険」がある場合は

指導者の方にご意見を言う事もありだと思います。

人は物事が上手くいかなかった時、2つのパターンが存在します。

①上手くいかない原因を周りの人や環境に責任を転嫁し自分を正当化させる人

②上手くいかない原因はどこにあるかを考え自分で努力をする人

お子さんが努力をしているのであれば必ずチャンスはやってきます。

「今だけを切り取って」見てはいけません。

学童野球の最後にはスタメンの座を取るかもしれませんし、中学や高校野球で活躍する可能性だってあるはずです。

仮に努力をしていない場合・・

大事な試合でお子さんがミスをした。

周りの選手はどう思うでしょうか?

その眼に親と子供で耐えきれますか?

悔しさのエネルギーは自分に向ける

我が子がスタメンで試合に出られないというもどかしさはわかります。

ですが、監督やコーチに我が子の起用法を話すのではなく・・

我が子の技術を向上させることまず考えるべきではないでしょうか?

文面で

『お子さんが怒っている』

とありました。

ちゃんと「悔しさ」があるじゃありませんか。

悔しさのエネルギーを

「周り」に向けるのではなく・・

「自分」に向けてみてください。

エネルギーの使い方一つでお子さんはまだまだがんばれるはずです。

親として出来ること

中学・高校と野球を続けていけば更に厳しい世界になっていきます。

だからこそ小学生のうちに・・

とお考えになる事もわからなくはありません。

ですが・・

今後のために

「自分で環境を切り開くこと」

を覚えることも大切なはずです。

そして、それは親として

「お子さんの可能性を信じること」

になるのではないでしょうか?

これからもお子さんと二人で可能性を信じてがんばってみてください。

答えはきっと今だけではないはずです。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。
Comments (5)
  1. 野球のファン より:

    すいません。現在リトルに所属している息子がいます。今年度より卒団時期、バットの規格など変更。息子は現5年生ですが、現6年生と8月いっぱいで卒団です。6年生12名 5年生7名でしたがチームの意向で今後8月いっぱいの卒団まで5年生は、全国大会の予選のみ帯同でローカル大会、練習試合も残って練習との通達がありました。(9月の卒団で元5年生5名卒団です。)息子は出場機会が無く地域の学童チームで野球を続けたいと言い始めました。何と息子に伝えて良いものなのか…アドバイスがあれば是非ご教授下さい。

    1. 管理人 より:

      リトルの変更・・いよいよ始まりますね。
      4月生まれの問題・全日本の時期・・
      子供のことを考えると胸が痛くなります。

      本来であればチームに残って卒団という形が一番だと思いますが
      今回は少し特別ですよね。

      中学に向けて
      どの選択がお子さんにとってベストなのか・・
      お子さんの意見を聞きながらベストの選択をされてください。
      その選択が正しいかどうかは今後お子さんがそのチームでどうがんばるかで答えが出てくると思います。

  2. じゅん より:

    人生の通過点で言うと一瞬ですから子供のやりたい様にやらせてあげたらどうですか? 好きな野球をやめない様に寄り添ってあげる方が大事だと思います。

  3. 野球のファン より:

    じゅんさんm(_ _)m
    コメントありがとうございます。移籍する前に指導者との話をする事にしました。やはり息子の野球ですので、しっかりと息子の話を聞いてみます。その場で即答せずゆっくりと悩んで答えを息子から出させて指導者にお話出きる様にしたいと思います。これからもずっと寄り添って好きな野球を続けてもらいたいと思います。

  4. 野球のファン より:

    管理人様m(__)m
    ご教授ありがとうございます。リトルが嫌いになったのでは無く今回の変更時期に当たってしまいどうすべきか?全リトルの問題だと思います。息子とお話しました。今後の中学野球に向けて一歩歩み出すと決めました。リトルに所属して残りの半年を試合にも出れずリトルの練習に当てるか?葛藤しておりましたが中学野球に向けてリード 牽制 盗塁を覚えたいとの事でした。因みに息子ですが4月生まれです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です