少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

野球~怪我や故障中の我が子に親としてどう向き合うか~

少年野球・中学野球・高校野球と故障をしないで野球人生を終える選手のほうが少ないと思います。

故障をしているときは本人が一番辛いはずです。


子供が指導者に故障を報告に来たら・・

肩が痛い・・

肘が痛い・・

そういうことを指導者に報告することも本人は辛いはずなのです。

大会前に・・

ピッチャーの子が病院に行って投球禁止になってしまった。

そのことを監督に話すと・・

子供の顔も見ずに手でシッシッという合図を取り

『お前はもういいからずっと走っとけ』と・・

『こんな大事な時に故障なんかしやがって』

そんな監督の本音が見えてしまうことがあります。

『その子の将来』より・・

『勝ちたい自分』が大切なのでしょうか。

掛ける言葉や行動も違うものがあるはずです。

頑張ってとむやみに言わない

親御さんもそんな子どもを見ているのが辛いものがありますよね。

早く元気になってほしいという気持ち。

「頑張って!」

と言って元気になるお子さんもいるでしょう。

しかし・・

『頑張りようのない故障』もあります。

腰の故障なんては正にそうですね。

何もしないことが一番です。

それなのに『頑張って』と言われても子供は困ってしまいます。

もしくは、リハビリを頑張っているのに・・

こういう言葉をかけられることによって、子供にプレッシャーを与えたりしてしまうこともあります。

俺はがんばっているのに・・

そう思ってしまうお子さんもいます。

焦点を『過去』ではなく『未来』に・・

故障をしている我が子に何も出来ないことは親御さんにとっても辛いことでしょう。

故障は頑張って積み上げてきた物が一瞬にして白紙に戻されたような気になります。

親子で話し合うのであれば

「どうして我が子が・・」

「どうしてこの時期に…」

と責めるのをやめて

「この機会をどう活かそう?」

と未来の力に変えてみてください。

起こってしまった過去は変えられません。

言葉はなくても・・

でも・・・

きっと心から元気になることは難しいでしょう。

そんな時はお子さんに無理に元気を与えなくてもいいのかもしれません。

どんなに元気を与える言葉を投げかけても本当に元気になるのは故障や怪我が治ってプレーを始めてからだと思うのです。

お子さんの前で親が元気である必要はありますが色々な言葉を投げかけるよりその「辛さ」を共有することが大切なのかもしれません。

体が戻った時に心も強く・・・

故障や怪我をしている間は親子ともに辛い時間です。

故障の治療をしたり、プレーすることを我慢したりするその「辛さ」という経験は必ず今後の野球人生に、いや、人生に活きてくるはずなのです。

今後こういう経験をしたくないから普段から体のケアを大切にしようと思うでしょう。

いつも試合に出ている選手であれば、ベンチプレーヤーの選手の気持ちもわかるでしょう。

グラウンド外から見ることによって野球の見方も変わるでしょう。

そして我々指導者は故障の再発を防がなくてはいけません。

故障が治った時に、こういう「辛さ」を味わい未来の力にしようとした選手は、体が元に戻っただけでなく心も強い野球選手となっていくはずです。

体が「完治」した時に辛いことを経験しその経験を通し色々感じて知った「感知」がプラスされてこそ故障をして得たものがあったと言えるのではないでしょうか?

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です