少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

「がんばれ」という時に…がんばれなくなった子供に…

少年野球や高校野球で子供が壁にぶつかっている時に使う言葉。

「がんばれ‼」

がんばれに想いを乗せて

我が子に試合当日に何と言っていいかわからず…

試合中に何と言っていいかわからず…

がんばれ!

何かいい言葉が思いつかなくて、思わず出てしまう言葉だったりしませんか?

言葉は『がんばれ!』だけれども、その言葉に想いをのせてみませんか?

願晴れ!願えば想いは晴れる!

挫折しそうな時・・・

「がんばれ!今、がんばれば強くなれるぞ!」

我が子に強くなってほしいと願う。

「がんばれ!今、がんばれば壁を越えられるぞ!」

壁を超えたいと願う。

ここをがんばれば願いが晴れるぞ!

そんな想いを込めて声にしてみましょう。

かんばれ!!願晴れ!!

眼晴れ!眼が晴れていればまだがんばれる!

厳しい練習でクタクタになり、眼もうつろになってきた時・・・

「がんばれ!体が疲れていても眼だけは死んでない。」

心は眼に表れる。

眼が晴れていればここを乗り切れるぞ!

そんな想いを込めて言葉にしましょう!

がんばれ‼眼晴れ! 

壁を乗り越えた時・・

辛い練習を乗り越えた時・・

子供たちの「がんばり」は顔に現れます。

顔晴れ…

何かを乗り越えた時の顔が晴れやかに・・

満面の「顔晴れ」になっているはずです。

がんばれと言われるのが辛いお子さんもいます

ですが・・

がんばれ!と言われても、がんばれなくなってしまった子もいます。

がんばれ!という言葉を聞くのが辛いお子さんもいます。

自分はがんばっているのに・・

お父さんやお母さんが、がんばれって言うから・・

辛い事を親御さんに言えないお子さんがいるかもしれません。

話を聞いてあげてください

そんな時は・・

「味方であること」

「そばにいること」

を再確認してあげてください。

何かいいことを言おう。

何か言わなきゃ。

そう思わなくていいんです。

お子さんががんばれなくなった時は、お子さんの話をたくさん聴いてあげてください。

お子さんは「何かを言ってほしい」のではなく「話を聴いてほしい」はずです。

心にずっと溜めておいた「辛いがんばれ」の気持ちが溢れだす時があります。

たくさん泣かせてあげてください。

「泣くな!」

と言わないであげてください。

親子の眼の前にそびえ立つ壁を乗り越えてください。

その場限りのことだけを考え、壁を壊したり、抜け穴を探してはいけません。

壁は乗り越えてこそ、後々、親子を守る「砦」に変わるはずです。

今、がんばれなくなったお子さんをお持ちの親御さん。

辛いけど乗り越えましょう。

きっと、その先に親子の『顔晴れ』が見えるはずですから・・~年中夢球~

 

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です