少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

野球を辞めたいと言ってきた時…

『野球を辞めたい』多くの親御さんがお子さんからこの言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?
まだ言われたことがない親御さんも、いつこの言葉を聞くことになるかわかりません。

私の子供も中学のシニアに入団して『野球を辞めたい』と私に言ってきたことがあります。

理由を聞くとチームメイトとうまくいっていない、野球が面白くない・・と。

私が、まず最初に彼に確かめたのは『野球以外に何かやりたいものが見つかったのか?』ということでした。

野球が出来る体を持っていることは当たり前ではない

そうでないことを確かめた上で彼に話したことは二つ。

『お前は野球が出来る体を持っている。まずはそれが当たり前じゃないということ。世の中には野球がしたくても、甲子園を目指したくても体が不自由だったり、怪我で野球を断念せざる選択しか出来なかった人もいる。野球が出来る健康な体を持っていることは当たり前ではないということ。』

『二つめは、お前が野球を辞めるのならば、リトルの監督に野球を辞めることを伝えに行かなければならない。お前が野球を辞めるということはお前の野球に携わった人に報告しなければいけない。』

じっと話を聞いていた彼は、その後も野球を続けました。

私の教え子にJという選手がいました。

彼は1年間グラウンドに来ることが出来ませんでした。

グラウンド前までは来ても、グラウンドに入れない・・そんな1年間でした。

でも、チームは辞めたくない・・

その1年間、父はスタッフとして、毎週、グラウンドに来ていました。

母も1年間、当番をやり続けました。

『もう辞めさせてください。皆さんに迷惑をかけたくない。』と・・

『迷惑だなんて思ってる人間はウチにはいないよ。チームを辞めたくないっていうんだから、野球が好きの証拠。待とう』。

と親御さんに伝えました。

1年間、かかりましたがJは毎週、グラウンドに来れるようになりました。

結局、原因はなんだったのかわかりませんが父や母の姿をきっと見ていたのだと思います。

今、彼は高校野球の中心選手と活躍しています。

この二人は野球を続けて良かったと思っているでしょう。

野球以外に夢中になれるものが見つかった場合

そして、今度は逆のケースです。

リトルの中心選手で中学は強豪クラブチームに行ったTから連絡が来て相談があると・・

彼は、週末は野球チーム、平日は陸上部に在籍していました。

『本間コーチ、野球好きなんですけど、陸上がそれ以上に好きになってしまいました。なので、野球を辞めて陸上一本でがんばりたいです。野球教えてくれてありがとうございました。』

と・・この子は、野球以上に好きなものを見つけたんですよね。

『おおそうか。ちょっぴり残念だけど、俺は野球をしているお前じゃなくても、応援してるからな!』と握手をして別れました。

数年後…

彼から『本間コーチ、箱根駅伝を走ることになりました。見に来てください』と連絡が来ました。

お正月、彼の走る姿を見ました。

野球を辞めると一言に言っても様々なパターンがあります。

一時のものなのか、野球以外に夢中になるものを見つけたのか・・

それをその時に判断することはとても難しいのだと思います。

野球を続けるにしても、辞めて他のスポーツを続けるにしても、その道でがんばることが選んだ道が正しかったという証明になるのかもしれません。

そして、親と指導者は、それが、野球であろうと違う道であろうとも、子供が決めたことを応援していくことが大切なのだと思います。~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。
Comments (3)
  1. より:

    私も何10年も指導者という立場でソフトボールに携わらせて頂き、このような事を多々経験して同じような事をしてきました。
    辞めた後も顔を見たら声をかけてくれる子供達と接してきて「間違ってなかったんだよな…」と振り返ってます。
    現在諸事情から指導者という立場を離れ親という立場で息子と接してきて、先日息子が今のチームの指導者に対して不満を抱き続け、嘘をつかれ「また裏切られたから辞めたい」と言い出しました。
    指導者という立場でわかる事もありますが本人が一年以上悩み続けてきた結果が今現れているように感じました。
    決めるのは本人で親ではなくしっかり話をし続けていますが、続ける事の意味があるのかという事に疑問を感じています。
    息子は自分に似て真面目な性格で、試合中に相手をバカにするような行為を指導者からやるように強制された事を「間違っている」と主張してきていたので、ここらが限界なのかな?とも思っております。

  2. たい より:

    今まさに中2の息子が辞めたい波にもまれて、荒れているところです。 父は野球に対して熱心で、子供との温度差が感じられます。 父も子供も、どちらも悪くないのですが反抗期も加わり冷戦状態です。子供のやる気が感じられない父。父親の熱意に嫌気が差している息子。平行線です。

  3. ともちゃんは球児母 より:

    息子から言われた時のショックはいまでも忘れる事ができません。
    どう伝えたらいいのかわからなくなって、あんたがやめるなら母も野球観ないし行かないって言った覚えがあります。
    まだ、弟も野球をしていたし、私も小学校でマネージャーをしていたので、これはまずいと思ったみたいです。
    母や弟どうこうもかかえたみたいですが、なんといっても、周りの仲間が助けてくれたみたいでした。
    辞めたいときはあっても、やはり野球馬鹿。
    ただ、あの時諭すような事も何も言ってあげれなかったことは後悔です。
    野球のおかげで、子どもと一緒に成長してきました。教えられる事ばかり。
    一番下の子の高校野球がはじまりますが、ラストくらいは十分な環境で、球児母したいと思います。
    本間さんには、教えられることばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です