少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 何でウチの子がショートじゃなくてセカンドなんですか?

ある監督さんから・・

来たメッセージです。

ウチの子のほうが・・

『なんでうちの子がショートじゃなくてセカンドなんですか』

ある少年野球の監督さんにお母様から・・

こういう電話がかかってきたそうです。

ウチの子はずっとショートを守っていたのに・・

ウチの子のほうが一生懸命練習しているのに・・

最後には・・

ウチの子のほうが上手いのに・・

そうおっしゃったそうです。

ウチの子のほうが一生懸命練習しているのに・・

わかりませんよね・・。

他の子も一生懸命練習していると思いますし・・

他の選手と比べること自体が僕からすると違うかなあ・・と。

そして・・

一番気になったのは・・

セカンドというポジションを何だと思ってるのかなと・・。

ポジションって適材適所だと思いますし・・

ポジション一つ一つに役割があります。

その役割にトップダウンはありません。

ポジションを決めるのは指導者の役割

私もリトルに来る前に

少年野球の監督を務めさせていただきました。

このメッセージが来て思い出したのですが・・

同じようなことがあったなと・・。

中には家の前で待っているお母様もいました。

『何故、ウチの子がスタメンではないのか。一生懸命練習しているのにかわいそうだ』

私もこう言われたことが実際にあります。

ポジションや選手起用は・・

あくまでも指導者の役割のはずです。

選手のポジションに役割があるように・・

大人には大人の役割があります。

指導者・審判部・保護者・・

子供のポジションにトップダウンがないように

大人の役割にもトップダウンはありません。

チームの一員

我が子がかわいいのは親であれば当然でしょう。

ですが・・

ウチの子のほうが上手いのに・・

ウチの子のほうが一生懸命やっているのに・・

ウチの子が・・

ウチの子が・・

そういう考えになってしまうと・・

お子さんの居場所がなくなることもあります。

まして・・

ポジションに優越をつけるなんてことは・・

親として絶対にやってはいけません。

我が子を通してのチームですが・・

チームの中の我が子ですから。

それが・・

チームの一員ということではないでしょうか?

~年中夢球 photo yosshy~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。