少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

高校野球 相手チームに敬意を払うとは・・

昨日は息子の高校野球を観に行ってきました。

両校とも締まった試合で1-1のまま最終回へ。

9回表に相手チームに満塁から走者一掃のツーベースを打たれ・・

1-4のまま9回裏へ。

相手チームのピッチャーが・・

なんとか食い下がり2-4になった時・・

相手チームの投手が手を痛めているような動作を見せて・・

タイムがかかりました。

ウチのチームのランナーコーチがすぐにケアをしに行く姿が見えました。

この緊迫した場面で・・

敵味方関係なくピッチャーのケアをしている姿は観ていて感動的でした。

そして・・

ウチの高校の応援団の選手から相手ピッチャーへ

『がんばれ!がんばれ!』

のコールが・・

もうそのシーンだけで涙が出てきました。

野球は礼に始まり礼に終わる

相手チームのエースのピッチャーの選手は治療後に・・

マウンドに戻ってきました。

しかし・・

再び痛みが出てマウンドから下りました。

試合は・・

9回裏に次男の高校が4点を取り逆転サヨナラ勝ちで終わりました。

そして・・

試合が終わるとお互いに礼をして握手を組み交わすシーンがありました。

野球の試合はどんな試合でも・・

必ず礼に始まり礼で終わります。

試合ですから当然の事ながら勝つことが目的です。

ですが・・

その相手に敬意を払う事も必要なはずです。

相手に敬意を・・

敬意を払うことを英語で「リスペクト(respect)」と言います。

「respect」の語源は、「re(再び)」「spect(見る)」。

すなわち・・

しっかり見ることです。

【見る】というよりは・・

【観る】に近い方なのかもしれません。

このランナコーチの選手も普段から後輩の面倒見のいい選手です。

だからこそあの場面でもすぐに行動出来たのでしょう。

試合は相手がいなければ成り立ちません。

戦っている時は自分のチームが勝つことが目的です。

ですが・・

同時に・・

【野球というスポーツをしている仲間】

なのです。

高校野球っていいな・・

月並みですがそう思える一日でした。

~年中夢球~

*photoはカナロコ様より

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。