少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

高校野球 野球と両想いになれました

私のブログを見て下さった方から嬉しいメッセージを頂きました。

野球ってやっぱりいいな・・

高校野球の最後をスタンドで迎えました

私は今年で30歳を迎えます。

今から12年前の最後の夏に・・

メンバーに入れず・・

私はスタンドにいました。

メンバーから漏れた時にチームのためにと裏方に行きましたが・・

心のどこかで【悔しさ】が勝っている自分がいました。

どこかで・・

心の底から喜べずに・・

スタンドで応援していたあの感覚を覚えています。

負けた時に・・

僕が流した涙は・・

最後の夏が終わってしまった。

皆と野球ができて良かった。

という感情ではなく・・

メンバーには入れなかった悔し涙でした。

野球を遠ざけていました

あれから僕は野球を遠ざけていた気がします。

野球が苦い思い出になっていたのだと思います。

そんな時に本間さんのブログを拝見しました。

【メンバーに入ったか入らないかは年が経つとさほど大きな問題ではなくなってくる。自分がどうがんばったのか・・誰とがんばったのか・・そういう思いが将来の自分を支えてくれる】

この言葉を拝見して・・

今の僕を支えているのは正に

【野球をしてきた自分】

であると気が付くことが出来ました。

野球が僕に教えてくれてくれたことがたくさんありました。

野球ってやっぱりいいな

私は野球部の同窓会にも・・

母校の応援にも・・

顔を出していませんでした。

野球や仲間を避けていました。

でも一番避けていたのは【当時の自分自身】だったのだと思います。

昨夏・・

僕は初めて母校の応援に行きました。

最後の夏が終わったあの時と同じ球場。

スタンドで背番号の無い選手を見て・・

当時の自分と重ねました。

仲間のために必死に声援を送る彼等を見ていたら・・

熱いものが込みあげてきました。

【野球ってやっぱりいいな】

あれから12年・・

やっと心からそう言えるようになった自分がいます。

野球とやっと両想いになれた気分です。

今年の同窓会には参加するつもりです。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。