少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球~あなたのチームは【集団】か【群れ】のどちらでしょうか?~

チームとは【目的が一つである集団】です。

その前提がないとチームは成り立ちません。

チームの前に集団になっていますか 

目的が一つである集団と書きましたが・・

皆さんのチームはその前に【集団】になっているでしょうか?

「集団」になるということは・・

①チームのルールがきちんと機能していて、自分たちで守っていくことができること。

②監督・コーチの最低限の手助けで自分たちで目標に向かうことができること。

③個が個として機能していてそれをお互いが認め合っていること。

そして…

僕のキーワードは出来るだけ

「自分たちで」ということです。

集団と群れの違い 

これらの①~③がないと【集団】ではなく【群れ】になってしまいます。

【集団】と【群れ】は違います。

集団は・・

チームの先頭に立ちチーム全員の事を考える【キャプテン】がいます。

群れは・・

自分の利益の事だけを考える【ボス】がいます。

少し前に35才の高校生というドラマがあったのをご存じでしょうか?

ご覧になっていた方も多いのではないでしょうか?

あのドラマの中で【スクールカースト】という言葉がありました。

クラスの全員がAチーム・Bチーム・Cチームとランク付けされ

Aチームの生徒におびえAチームの生徒に絶対服従するという展開。

所謂【群れ】の状態です。

番組当初はその【群れ】だったものが米倉涼子さんという【リーダー=キャプテン】の登場で個を認め合う【集団】に変わっていくストーリーでした。

集団からチームへ 

群れは…

ボスのために戦います。

集団は…

チームのために戦います。

群れは…

格差があります。

集団は…

平等です。

個々を認め合って初めて【集団】になるのです。

そして・・

【集団】は全員共通の目的を持って【チーム】となっていくのです。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください