少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

高校野球 応援団長の我が息子~私が産んだ子なのか~

15歳で親元を離れ…

高校球児が『孝行球児』になった日。

高校球児の母の言葉

応援ありがとうございました。

孝行球児になってくれました。

試合が終わり・・

寮に息子が帰り、私は新幹線の中でした。

『今まで、ほんまにありがとう』

ラインに一行はいった瞬間…。

涙がとまらず…

となりのおっちゃん、びっくりした思います。

ベンチには入れなかったけど、大応援団をまとめて、鼓舞する姿は、私の知らない息子の姿。

最後の瞬間まで、仲間を信じ応援してました。

負けた瞬間の息子の背中が忘れられません。

真っ直ぐグラウンドを見つめてました。

振り返ったら、退場指示をテキパキと行い、最後の最後までスタンドに残り、与えられた仕事をこなしてる姿は…

私が産んだ子?

と何度も思う姿でした。

野球をしに、15才でバットと野球バック1つ持って神戸から東京に一人行きました。

日々色々あったろう2年半。

なんも心配させる事を言うてきませんでした。

それどころか…

3年になった息子は…

ことあるごとに…

『ありがとう』と。

息子は…

仲間、監督、コーチのおかげで、男に成長してた。

私は、幸せなおかんです。

高校野球の終わり方

昨日…

あと2つで甲子園の所で敗退してしまった選手のお母様の言葉です。

寮生活…

母は色々心配だったことでしょう。

でも・・

遠く離れていても…

心は繋がっていたんですよね。

日本全国の空が甲子園に繋がっているように。

ベンチには入れなかったけど…

大応援団をまとめた彼。

そして…

それを見守った母。

高校野球の終わりかたはそれぞれです。

ですが…

この母子のように終われる夏が…

これからの人生を優しいものに変えるのではないでしょうか。

ハチマキの跡

終わりかた…

とても大切です。

どこで終わったのかではなく

どう終われたのかなのです。

どういう心で野球をしてきたのか…

それが終わりかたに影響してくるのです。

この彼は昨日…

高校球児から…

孝行球児になりました。

そして母は…

高校球児の母から…

孝行球児の母になりました。

彼の額には…

ハチマキ焼けの跡がありました。

その跡こそが…

彼の高校野球生活の証です。

試合が終わり・・

グラウンドを向いている背中を見てチームメイトの母がこう言ってくれたそうです。

『あの背中でみんなを引っ張ってきたんだよ』

と・・。

その彼は母の背中を見て育ってきたはずです。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください