少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

神奈川の南北開幕戦の主将が教え子という奇跡

100回大会の高校野球記念大会は神奈川は北神奈川と南神奈川の2つに分れて開催されます。

北神奈川の開幕戦は大師高校対日大高校。

先日も記事に書きましたが大師高校の主将は私の教え子にあたります。

その記事はこちらから↓

神奈川高校野球開幕戦 大師高校野球部主将から僕が教わった事 

そして・・

南神奈川大会の開幕ゲームは金井高校対逗子高校に決まりました。

逗子・常國洸大主将は

「チームメートに『開幕戦を引いてくる! 』と言ってきた。半分、冗談半分ではありましたが、とてもワクワクしています」

と言った。

常國洸大・・

私の大事な教え子です。

何ともビックリなお話なのですが・・

南北に分かれて開催される神奈川大会の開幕戦に・・

私の教え子がそれぞれ主将として神奈川の激戦のスタートを切ります。

そして奇しくもこの二人は開幕戦を引き当てたインタビューで

『ワクワクする』

と同じ言葉を使っている事に思わず苦笑いをしてしまいました。

チーム愛をもっていた男だからこそ・・

常国のリトル時代のお話です。

この年代は10人の選手がいました。

県大会準優勝。

関東大会出場。

その中で常国はなかなか試合に出場する機会がありませんでした。

それでも・・

チームが勝てば一番喜んでいたのは常国で・・

チームが負ければ誰よりも涙を流したのも常国でした。

それだけ『チーム愛』が強い選手だったのです。

だから、今、高校で主将を務めているのでしょう。

彼が打たせたヒット。彼が打ったヒット。

そして・・

チームが東日本大会に出場決定戦に挑む試合がやってきました。

1学年下で試合に出場していた選手がunder12の日本代表に選ばれ台湾に・・

常国がスタメンとして試合に出場することになりました。

試合は劣勢に・・

残り2イニングで・・

3点・4点負けていたと思います。

チャンスの場面で常国に回ってきました。

決してきれいな打ち方では無かったけど・・

決していい当たりでは無かったけど・・

レフトの前にボールが落ちました。

ベンチはお祭り騒ぎでした。

みんな・・

わかっていたんですよね。

常国がいつもどれだけ応援してくれていたか。

このムービーは彼らの卒団式の時に私が作ったものです。

神奈川の開幕は私の教え子から始まります

今までに彼の声で仲間が打てたヒットは何十本もあります。

彼の声で打たせてくれたヒットがたくさんあります。

そして・・

彼のあのヒットも仲間が打たせてくれたヒットだったのだと思っています。

あれから時が経ち・・

教え子の7名が最後の夏を戦います。

28年ぶりに父と同じ甲子園を目指す横浜商業の主将稲妻。

南神奈川の開幕戦に出場する大師高校の主将鷲尾。

そして・・

北神奈川の開幕戦に出場する逗子高校の主将常国。

逗子高校は初戦に勝つと横浜高校との対戦になります。

神奈川の夏は・・

教え子の開幕戦からスタートします。

それぞれの夏が始まります。

~年中夢球~

*画像は東京新聞より。

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です