少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 厳しくすると子供が辞めちゃうから・・

少年野球の現場にいると・・

『厳しくすると子供が辞めちゃうから・・』

『ともかく褒めて褒めて褒めまくって・・』

こんな言葉を耳にします。

果たして本当そうなのでしょうか?

叱る所を間違えない

○割褒めて○割叱る

などとよく言われますが・・

私は悪い所があれば叱りますし

いい所があれば誉めます。

では何故こういう言葉が氾濫するのでしょうか?

指導者の立場からすると・・

『叱る所』と『叱り方』に問題があるのかもしれません。

叱る所がエラーをしたという所だったとしましょう。

こうなると上手な子ばかりが褒められ技術的にしんどい選手だけがいつも叱られることになります。

そうではなく・・

叱る所は

『一生懸命やっているかどうか』

なのではないでしょうか?

上手な子でも手を抜いたプレーをすれば私は叱ります。

技術的にまだまだこれからの選手でも一生懸命やっていれば私は叱りません。

全力疾走を怠った。

このプレーは一生懸命やらなかったプレーです。

叱られて当然のプレーであり『叱る所』が『然る所』になります。

こういう所で叱っても子供たちは叱られて当然のことをしたと納得しているのです。

叱り方を間違えない

しかし・・

『叱る所』を子供が理解しても『叱り方』も大切です。

自分の言いたいように・・

自分がすっきりしたいために・・

過去に焦点を当てて叱るのではなく・・

子供のことを想って・・

子供に伝わるように・・

未来に焦点を当てて話すことです。

叱る所が正しくても・・

子供の人格を否定する言葉を使う叱り方では子供に届きません。

一番大切なのは信頼関係

厳しい言葉を投げ掛けても…

子供のことを想えば…

叱る所と叱り方は変わるはずです。

子供はきちんとわかっているのです。

このコーチが…

子供のことを想って叱っているのか。

ただ自分がスッキリしたいから怒っているのか。

子供が仲間をバカにするような発言をした時…

子供が全力疾走を怠った時…

それを見て見ぬふりして叱らないことのほうがよっぽど問題だと…

そう僕は思います。

何でもかんでも褒めろ…

子供には厳しくするな…

最近のこういう風潮が極論のような気がするのは私だけでしょうか?

叱る所と叱り方をきちんとして…

子供との信頼関係が出来ていれば…

厳しい言葉を投げかけても子供はわかってくれるはずです。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です