少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 審判をやりたくないという前に読んでいただきたい

少年野球やクラブチームのお父さんの仕事の一つに『審判』があります。

「できればやりたくない!」

「何でオレが!」

「審判なんかできない!」

本心はこんな感じかもしれません。

野球がわからないからこそ審判を・・

私のチームにも入団する際に

「審判できないのですがやらなければいけませんか?」

こうおっしゃるお父様もいらっしゃいます。

子供が入部するときに

「審判をやりたい!」

と思っている人のほうがいないですよね(笑)

私のチームで審判をやってくださったほとんどのお父様が「野球未経験」の方です。

だから「野球がわからないから審判をできない」という方たちもいらっしゃいます。

ですが、逆に「野球がわからないから勉強しよう」と思ってくださる方もいらっしゃいます。

今回、お父さん審判の記事を書きたいと話したら、昔チームに在籍していたお父さんが私に話してくれたことです。

この方も野球未経験でしたが審判をして良かったと言ってくださいました。

とても参考になるお話だと思いますのでお読みいただけたらと思います。

審判をして子供との共通点を持てた

まず一つは、野球という子供との共通点が持てたこと。

「野球の技術」を子供に教えることは出来なかったけれど

「野球のルール」を子供に教えることができました。

これってすごく大事なことだと思います。

審判をしてたくさんの人と仲良くなれた

二つ目は、審判をすることでたくさんの人と仲良くなれたこと。

野球を全く知らなかった私が審判を通じてたくさんの人と知り合い仲良くなりました。

子供がチームを退団した後もずっと仲良くさせてもらって今でも「審判談義」に花が咲きます。

これも子供が野球をしてくれていたお蔭ですね。

子供のプレーを間近で見れた

三つ目は、子供のプレーを間近で見れたこと。

グラウンドの外から見る子供とグラウンドの中の子供は全く違う子に見えました。

ピッチャーに対する声のかけ方。

悔しそうな表情。

グラウンドの中にいたからこそわかったことがたくさんありました。

エラーをしたときは後ろから蹴っ飛ばしたくなりましたけど(笑)

父親として必死の姿を見せれた

四つめは、子供の身近で努力する姿を見せれたこと。

審判をやると決めてからは必死に勉強しました。

周りの人にもよく怒られました(笑)

その姿を子供に見られるのは最初は抵抗がありましたよ。

「かっこわるいお父さん」

と我が子に映っているんだろうなあと。

正直、辞めたいと思うこともありましたが・・

それでも、逃げ出さずに続けました。

恥をかきながらかっこ悪い姿を子供に見せることも・・

父親として「かっこいいこと」なんじゃないかなと思い始めたんですよ。

だから、子供が恥をかくときがあっても

「逃げるな!」

と私が言うことで説得力も出るんじゃないかなと・・

そう思っています。

やりたくない→やりたい→やりがいに

審判と聞くと「やりたい派」と「やりたくない派」に分かれてしまいがちです。

ですが一度やり始めると

「やりたくない派」

だったお父さんたちが

「やりたい派」

に変わり

「やりがい派」

になることも多くあります。

今、審判を「やりたくない派」のお父さん・・

ちょっとした勇気で人生のやりがいを見つけられるかもしれませんよ。

~年中夢球 photo buchiko~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。