少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

少年野球~試合前の『予防』と試合後の『治療』を間違えると勝てません~

「この負けを次に活かすためにがんばろう」

試合に負けた後、監督さんやコーチの方々は選手にこう話されると思います。

そして、それは子供だけではなく…

我々指導者にも同じことが言えます。

試合が終わった後に第三者的な眼で自分のチームを分析しなければいけません。

その分析を間違えると立て直す所を間違え「どうして勝てないのだろう」という負のスパイラルに陥っていきます。

試合前に「予防」するものと試合後に「治療」するものがあります。

分析を間違えると治療も間違えることになってしまいます。

あの回がなければ勝てたのに

試合終了後によく耳にする言葉ですね。

いい試合だったけどゲーム終盤に大量失点で負けてしまった。

「あの回だけなんだよな。あの回がなければ勝てたのに。」

お気持ちわかります。

ですが私からすると

「あの回が出てしまうチームだから負ける」

のです。

その発想を変えない限り自分のチームを把握出来ません。

なぜ「あの回」が起きてしまったのかを分析しなければいけません。

ベンチがピッチャーの代え時をベンチが間違えたのかもしれません。

エラーの連鎖が止まらなかったのかもしれません。

何が原因で「あの回」があったのかを指導者が分析し次の試合までに「治療」をしなければいけません。

その1点差は本当におしい試合だったのか?

強豪チームさん相手に1点差で敗れてしまいました。

「惜しかったね。強豪チーム相手に1点差なんてすごいよ」

周りからこんな声が聞こえます。

確かに私の采配一つで勝利を呼び込めた試合もあります。

ですが…

1点差でも「完敗」の試合もあります。

0-1で敗れ相手ピッチャーに手も足も出なかった試合もあります。

この1点差は「惜しい」負けでもなく私からすると「完敗」です。

この試合を「惜しい」と指導者が間違えてしまうと練習での「治療」を間違えてしまいます。

逆に大量リードで勝っても得点差ほどの実力を感じない相手もいます。

得点だけでは分析できないものもあります。

そのコンバートは大丈夫でしょうか?

試合中にエラーをしてしまう子が出るとポジションの変更の話題になることがあります。

これは様々なケースがあると思います。

色々な場面で何度も試してみたけどやはりそのポジションよりも他のポジションのほうが合っている場合もありますし、チーム事情でコンバートということもあるでしょう。

ただそのポジションで数試合で判断するのは早いかもしれません。

エラーをした子に怒りが収まらずにその時の自分の感情でコンバートをしていないでしょうか?

学童野球はこの時期は最後の大会などを控えているチームも多いことでしょう。

チームの終わりにポジションをコロコロ代えるのはいかがなものでしょうか?

一年間やってきたものを信じてそのポジションを子供に託した方がいいように思います。

キラリと光ったものを見逃さない

負けた試合の後は冷静さを欠いています。

マイナス思考になりがちです。

負けた試合でキラリと光ったものを忘れがちになります。

2番手で投げたピッチャーの子の変化球がよかった。

中継プレーがよかった。

負けた試合の中でもいいプレーがあったことを確認し次の試合に活かすことも忘れてはいけません。

 

練習試合と公式戦はちがいます。

練習で試合に向けた「予防」をし試合後に何を練習で「治療」しなければいけないのかを指導者間で話し合うことが大切です。

そのためにも自分のチームをしっかり分析しなければいけません。

*LINE・はてなブックマーク・ツイッターなどのシェア等はページ内でのボタンをお使いになっていただいて結構です。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。
Comment (1)
  1. わだえいじ より:

    初めまして

    知人から紹介してもらいたどり着き、いつもの勉強させてもらってます。

    うちの小3の息子は先週野球を辞めました。
    まだ、レギュラーでも無かったのですが、いつも大きな声を出して盛り上げるムードメーカーでした。

    でも、どんなときでも怒鳴るばかりの監督に嫌気が募り、行きたくないと言い始めたのをナダメテ行かせてましたが、先日の新人戦、初めてのチームで取って取られての緊迫した試合も一点差で負けてしまいました。

    子供達の必死さも親御さん達に伝わる感じでしたが、試合直後の監督は片付けをしてる子供達にお疲れもなく、罵声を浴びせるばかり。

    その後親御さん達のところへ行くなり、やる気が感じられない!あれでは勝てる訳はない!

    吐き捨てる様な発言でした。

    辞めたいと言った子供の気持ちも判った気がしました。

    野球そのものを嫌いになってほしくなくて、何時でも辞めると言って良いよ。と言いました。

    コーチ達はそんな監督の暴言を和らげるクッションになって頑張ろうと言ってくださってましたが。。。

    悲しいですが辞めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です