少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

野球を辞めます・・卒団したお母様からそう連絡が来ました・・

彼はリトルの中心選手として活躍していました。

『野球が好き』ということを全身で表す子でした。

甲子園に行ったら帰ってきます

その後、中学では強豪クラブチームに進んで行きました。

『○○高校に行って甲子園に出ます。その夢が叶ったらまた遊びにきます』

彼は卒団式の日にそう言って羽ばたいていきました。

そう…

羽ばたいたはずだったのです。

野球を辞めました…

1年後…

彼が練習に参加していないという噂が耳に入ってきました。

あんなに野球が好きだったアイツに何が起きたのだろうか・・

連絡を取ろうかどうか迷っていた時に彼のお母さんから連絡が来ました。

『あの子・・野球を辞めると言っています。色々話しましたが決意は変わらないようです。辞めるなら本間コーチに挨拶に行きなさいと言ったのですが、それだけは出来んと。野球を辞めたら本間コーチに会わす顔もない。』

彼はそう言っていたそうです。

電話だったので本人と代わってもらえますか?

と言ったのですが・・

『代わりたくない』

と言うので

『取り敢えず一度グラウンドに来るように言っておいてください』

そう言って電話を切りました。

週末…

彼はグラウンドに現れませんでした。

翌週も翌週も・・

お母さんに連絡をとると

『チームを辞めました。野球も辞めると・・甲子園に出たら顔を出すと言ったから、もうグラウンドにも行けないと…』

強豪クラブチームに行き…

自分よりすごい選手がたくさんいて自信をなくしていたところに肘の故障…

その故障が長引き、チームメイトととのトラブル・・だんだん野球が心から離れていったようだとお母さんから話を聞きました。

それでもやっぱり

「あんなに野球が好きだったアイツが…」

その思いは頭から消えませんでした。

毎年、中3の最後に進路先の報告を兼ねて食事会をします。

ひょっとして彼が姿を見せてくれるのでは…

そう思いましたが

やはり彼は来ませんでした。

野球じゃなくてもいいから夢中になれるものが見つかってくれてるといいな・・

そう思っていました。

再び…

高校1年の春…

「あの子が又野球をやりたいと‥高校で野球部を見ているうちに、野球をしたいと思うようになったみたいです。それから・・リトルの子たちからも『高校野球で会おう』と・・心が動いてみたいで・・」

彼のお母様からそんな嬉しい連絡が来ました。

野球を一度は辞めたけど・・

やっぱり彼の心にずっと『野球』はあったのだと。

よく頑張ってくれた。

よく戻ってきてくれた。

彼の高校は部員がやっと10名を越える人数でした。

甲子園は少し厳しくなったかもしれないけど

また野球に戻ってきてくれたことが何よりも嬉しかった。

『彼にグラウンドに来るように伝えてください』と

嬉しくてお母様に話しました。

『それが・・あの子・・甲子園に行くと・・甲子園に行ったらグラウンドに戻ると言って聞かないんです』

そして…最後の夏…

高校3年生の最後の夏・・

彼の試合を観に行こうと決めていました。

何年振りかに見る彼のユニフォーム姿。

リトルの時と同じ『野球が好き』ということが全身から感じられるプレー。

この場に立つのに一度『野球が嫌い』になったかもしれないけど戻ってきた野球。

その姿だけで涙が溢れてきました。

甲子園に行くと行っていた最後の夏は1回戦で敗れ彼の高校野球人生は終わりを告げました。

試合終了後に球場の外で号泣している彼を見つけました。

僕の姿を見つけて

『約束守れなくてすみませんでした。来てくれてありがとうございます』

そう言いました。

『ここまでよく戻ってきてくれた。有り難うな』

そう言って二人で泣きました。

少し落ち着いてから

『お前がなかなかグラウンドに来てくれないから俺の方から来たわ』

と彼に話すと

『すいません。本気で甲子園に行くつもりだったので・・あの・・甲子園行けなかったんですけど・・グラウンド行ってもいいですか?』

と彼。

『当たり前だろ。お前たちが帰ってくる場所なんだから』

そう伝えて彼と別れました。

形上は野球を辞めたかもしれませんが…

2週間後・・

彼は当時のリトルの仲間たちとグラウンドにやってきてくれました。

彼のように一度野球を辞めて

戻ってくる子は少ないかもしれません。

彼は形上では野球を辞めたことになるかもしれません。

ですが…

色々な葛藤がありながらも心の中ではずっと野球をやり続けていたに違いありません。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。
Comment (1)
  1. イチロー より:

    初めまして!私も野球を辞めた1人です。小学校3年から全日本野球連盟のチームに入り年がら年中野球漬けで愛知県代表として全国大会に夏&春連続で出場もしておりました。
    そして中学生になりもちろん部活も「野球部」に入りました。そして1年が過ぎ2年の選手選考で、レギュラーを外されました。原因を聞くと「身長が高い順」との事、そして与えられたのは「一年生の指導役」
    もうね、アホらしくて辞めましたよ。それ以来野球に興味がなくなりました。あ〜もう少しまともな中学指導者に会いたかったなぁ〜
    当時の身長がなんともならず悔しい思い出です。中学3年には170cmにはなりましたが、その頃にはもう
    腐ってましたわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です