少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

少年野球・高校野球~お弁当を作っている時にお子さんの笑顔を想像しているはずです~

年齢が経つに連れてお子さんとの会話が少なくなって・・

母からするとちょっぴり寂しい気持ちになるかもしれません。

ですが、お子さんと直接、話していなくても、母はいつも、子供の姿を想像しながら、話しかけているのだと思います。

『お弁当は母と子供との会話のないキャッチボール』

栄養のことを考えて・・

野球で元気がないときは好物の唐揚げを入れておいてあげよう。

お弁当を作っている時もお子さんの笑顔を想像しながら・・

帰ってきてお弁当箱を見たら空っぽのお弁当箱が・・

母の想い・・お子さんに届いています。

 

『洗濯は母と子供との会話のないキャッチボール』

真っ黒になったユニフォームを真っ白にして・・

『さぁ!思いっきり汚して野球してきなさい!』っていう気持ちで。

洗濯をしている時もお子さんががんばっている姿を想像しながら・・

野球から帰ってきたら真っ黒いユニフォーム。

母の想い・・お子さんに届いています。

 

 『背番号付けは母と子供との会話のないキャッチボール』

一生懸命がんばってもらえた背番号・・

『がんばったね!』

『次はもっといい背番号をもらえますように』

一針一針想いを込めて。

背番号を縫っている時もお子さんの想いを想像しながら・・

その背番号の想いを受けてグラウンドへ。

母の想い・・お子さんに届いています。

心が繋がっているからこそ・

年頃になってきたお子さんと、会話をする事が少なくなったかもしれません。

でも・・

心は繋がっている。

繋がっているからこそ『キャッチボール』になっています。

心が繋がらず、一方的に投げているだけでは『キャッチボール』ではなく

『ドッジボール』になってしまいますからね。

最後のお弁当・洗濯

神奈川はいよいよ今週末から『夏』が始まります。

高校3年生の親御さんはお弁当を作るのも洗濯をするのも

最後が近付いてきました。

あれだけ大変だと思っていたお弁当も洗濯も・・

終わってしまうとポッカリ穴があいてしまうのかもしれませんね。

今日が最後かもしれないと想って作るお弁当。

今日が最後かもしれないと想ってする洗濯。

お母様のお気持ちを考えるだけで熱いものが込みあがってきます。

娘がマネージャーをしている学校も9日が初戦になります。

横浜スタジアムのベンチに入る娘の姿をしっかり見てきます。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です