少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

少年野球~握手の意味 心の想いは手に伝わり掌(たなごころ)になる~

漫画ルーキーズの川藤先生にこんな言葉があります。

「手は握れば拳、開けば掌(たなごころ)。掌とは手の心って意味だ」

掌 ①たなごころ②てのひら

「掌」は手の心という意味。

素敵な言葉ですね。

掌・・

①たなごころ

②てのひら

と読みます。

そして、自分の掌と相手の掌を合わせるのが「握手」です。

古代ギリシャで、お互い武器を持っていない事を確かめるために手を広げて見せて、信頼のために手を重ねることが『握手』に始まりだと言われているそうです。

相手チームと掌を合わせる

高校野球の試合終了後・・

戦った相手チームと握手をします。

試合終了後。

負けたチームは戦ってきたチームに想いを託し・・

勝ったチームは負けたチームに敬意をはらい・・

負けたチームの涙を胸に刻み込み・・

次の試合に挑む覚悟をする為の握手。

お互いの健闘を讃えて・・

掌と掌を合わせることによって・・

戦った者同士だっからわかるものがあるはずです。

仲間と掌を合わせる

高校3年生、中学3年生は最後の試合の後に、仲間との握手もあるでしょう。

「今まで本当にありがとう。」

という気持ちを手の心に込めて。

一緒に汗を流し、涙を流してきた仲間。

掌と掌を合わせることによって・・

仲間同士だっからわかるものがあるはずです。

そして・・親との握手・・

高校3年生の選手は親と握手をする時があるでしょう。

幼かった我が子が、怪我をしたり、お腹が痛いと言ってきた時に

お母さんやお父さんが掌(てのひら)を当てて

『痛いの痛いのとんでいけー』と言ってくれたら不思議に痛みが和らいだはずです。

それは親の心が手の心に伝わった掌(たなごころ)だったからではないでしょうか?

その幼かったお子さんは少年野球をやり始め・・

中学野球・高校野球へと。

そして高校野球最後の日・・・

幼い時のやわらかくてプニュプニュしていた我が子の手は

何年も何年もバットを振り続け

何度も何度もマメがつぶれた

硬い硬い掌(てのひら)に代わっているはずです。

親子だから

掌と掌を合わせることによって・・

確認できるものががあるはずです。

高校野球最後の日・・

お子さんは涙で『有り難う』が言えないかもしれません。

親御さんのほうも涙で『有り難う』が言えないかもしれません。

でも・・

お互いの掌を合わせて…

 

手の心である「掌」と「掌」を合わせる事によって、分かり合えるものがあると思っています。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です