少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

高校野球 ~向日葵になれ~

昨日は卒団した選手の高校野球の試合を観に行きましたが残念ながら雨で中止に・・

帰り道に満開の桜に出会えました。

高校球児の花・・

新入生の花が「桜」だとしたら・・

高校球児・・それも3年生にとっての花は「ヒマワリ」なのではないでしょうか。

青春ではなく。。高校球児は[青夏]なのかもしれません。

 ヒマワリは向日葵

 

ヒマワリは太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回るといわれたことから「向日葵・太陽花」とも書きます。

だから、向日葵は、皆、同じ方向を向いているんですね。

 

皆が一つの目的に向かって同じ方向を向いている。

仲間で同じ方向を向き…

親子で同じ方向を向き…

指導者と子供が同じ方向を向き…夏を待っています。

 

時には成長(生長)の中で、ちがう方向を向いていた仲間もいるかもしれません。

親の想いが届かず、ソッポを向いていたお子さんがいるかもしれません。

でも太陽の温かさと周りの向日葵のおかげで、最後は同じ方向を向いて迎える夏。

今もひょっとして皆と違う方向を向いている選手がいるかもしれません。

メンバー発表後に違う方向を向いてしまう選手がいるかもしれません。

でも・・最後は同じ方向を向いているはずです。

向日葵の花言葉は・・

ひまわりには「光輝」という花言葉があります。

短ければ1日、長くても1ヶ月。

その光り輝く時は一瞬です。

球児の皆さん、精一杯、光り輝いてください。

そして、親御さんも、光り輝いてください。

 

「球児という名の向日葵」は、キラキラとした汗をかき、キラキラした笑顔で、そして、涙さえもキラキラ光り輝いて、その夏を終えるはずです。

 

もう夏は目の前まで来ています。~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です