少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

高校野球~高3の夏、時間よ止まれ~

高校野球は選抜で盛り上がっていますが、神奈川は、昨日から春の大会が始まりました。

私も高2の娘がマネージャーをしている高校の大会の応援に行ってきました。

高校2年…あとわずかで高校野球が終わります。

ベンチの中で笑顔でいる娘を見ると、いつもは、待ち遠しかった夏が今年だけは、来てほしくない…時間を止めてあげたい…そんな気持ちにすらなってきます。

当たり前ではないことに気づく時

野球が出来る事が当たり前だと思っていた。

仲間と一緒に野球が出来ることが当たり前だと思っていた。

母がお弁当を作ってくれることが当たり前だと思っていた。

父が送迎してくれることが当たり前だと思っていた。

このグラウンドで汗をかいたこと・・

みんなで涙を流したこと・・

何気ないグラウンドの光景。

土のにおい。

高校2年生にとっては、その「当たり前」があと数ヶ月で「当たり前」ではなくなります。

そして、当たり前ではなかったことに高校2年生は、この頃から気付き始めているような気がします。

有り難う

高校野球最後の日に・・・

「当たり前」だと思っていたことが、実は「有り難い」ことだったと気づき、親御さんや仲間や指導者の方に「有り難う」という感謝の気持ちを持つことでしょう。

当たり前ではない・・

有り難しこと。

そして、高校野球を最後まで続けるということは大変なことであり、たくさんの「難」が有ったはずです。

その難が有った「有り難し」も、お子さんが強くなった有り難しだったのかもしれません。

そして、「有り難し」の気持ちは親御さんも一緒ですね・・

子供が野球をしてくれてきたことは「当たり前」ではなく「有り難し」ことだったと感じ、色々な想いが交錯することと思います。

子供さんにとっても親御さんにとっても高校3年生まで野球を続けてきたことは「当たり前」のことではなく「有り難し」ことだったのではないでしょうか。

たくさんの人との出会いは奇跡だったのかもしれません。

だからこそ、高校野球最後の日に、親御さんは子供さんに「有り難う」・・

子供は親御さんに「有り難う」になるのだと思います。

高校野球最後の日。

想像してみてください。

今まで親子で歩んできた道。

少年野球・中学野球・・

そして高校野球。

いろんな場面が頭をよぎるでしょう。

涙が止まらくて・・

言葉に出しても出さなくても・・

笑顔でも涙顔でも・・

たくさんの「有り難う」が溢れていると思います。

高校球児が孝行球児に・・

そして、その日に親御さんもお子さんも・・

心から【感謝】という意味を知るのだと思います。

感謝・・謝意を感じると書きます。

言葉で言われるものではなく自分が感じるもの。

高校野球を最後までがんばったからこそ、本当の意味の感謝を感じることが出来るはずです。

そして・・

高校野球を最後まで成し遂げたことにより『高校野球』は『孝行野球』になり『高校球児』は『孝行球児』になるはずです。

長い冬が終わり、春がやってきました。

ひとつ季節が変わってしまいました。

あとひとつ季節が変わると…

最後の夏は、眼の前にやってきています。

時間よ止まれ・・~年中夢球~

 

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。