少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

厳しさの中にあるものとは…漢字を見るとわかります

親として厳しい言葉を子供にかける時があります。

指導者として厳しい言葉を子供にかける時があります。

厳しいという漢字の中には[敢えて]という漢字が入っています。

皆さんも、「敢えて厳しいことを言うけど…」と言ったりしませんか?

この敢えては、当然のことながら、子供を想っての敢えてでなければならないと思います。

 

この敢えてがなくなると、自分の感情だけになり、いわゆる「叱る」ではなく「怒る」というものに変わってしまいます。

自分の感情をコントロール出来ずに…

子供の気持ちを考えずに…

自分のために、自分の言いたいように、自分の感情がすっきりするために[怒る]のではなく…

子供のために、子供に伝わるように、これからの子供の事を考えて[叱る]

喜怒哀楽という人間の感情のなかで、この「怒」という感情が一番コントロールするのが難しいのかもしれませんね。

厳しい言葉や厳しい練習の裏返しには、子供を想ってのことでなければなりません。

そうなると、子供から見て、信頼されているかどうかがとても大切になってきますね。

それは、言葉だけでなく、普段からの指導者としての立ち姿も必要です。

グラウンドに入るときの一礼や、グラウンドに落ちているゴミを拾う、挨拶は自ら行う…

そういう姿も子供は見ています。

俺たちには色々言うくせに、コーチはやっていないじゃないかと子供は心で思っています。

そういう眼で見られてしまうと、厳しいことを言っても説得力がなく、子供も心を開かないでしょう。

野球の技術的なお手本も必要ですが、プレー以外のこういうお手本も指導者は必要なことだと思います。

そういう指導者に言われた厳しさだからこそ、子供も聞く耳を持つのではないでしょうか。

そして、厳しさの中に敢えてがあれば、言葉遣いも変わってくるはずです。

そして、[厳しさの中に敢えて]があれば、それは、優しさになるのではないかと思います。

本当の厳しさを持った人間は優しさを持った人間なのだと思います。

子供の事を考えずに安易に怒るのは簡単なことであり、それは[優しさ]ではなく[易しさ]です。

一見、反対の位置にあるように思える[厳しさ]と[優しさ]は、子供の事を想っての行動であれば、行き着く先は同じはずです。~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。
Comment (1)
  1. 中阪一彦 より:

    本当にその通りだと思います。でも、気をつけていても時々試合の時は、怒ってしまっている自分が有ります❗注意しなければ❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です