少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 合併チームの問題

野球人口が減り・・

少年野球は合同チームでなければ試合が出来ない所も多くなってきています。

合同チームで・・

又・・

合同チームではなく

【合併】という選択をされるチームも出てきています。

もちろん合併してうまく運営されているチームさんもあるでしょう。

この【合併】についてのご相談をよく頂きます。

先日・・

私に来た相談内容です。

私のチームはここ数年9名の分を確保することが難しい状況です。

隣町のチームも同じような状況で

ここ数年【合同チーム】で公式戦に参加していました。

子供達は仲良くなり・・

ユニフォームが違うだけで・・

まるで同じチームのようでした。

合同チームの時は

私のチームの監督さんと隣町のチームの監督さんが

大会ごとに監督を交代して指揮を執っていました。

見た感じ・・

そんなに仲が悪いと見えなかったのですが・・。

合併するなら・・

私のチームの中で合同チームの話が持ち上がった時・・

隣町のチームでも合同チームの話が上がったそうです。

私のチームの中では

大多数が合併に賛成でしたが数名の方が反対で

『合併するならチームを辞める』

という人もいました。

隣町のチームも似たような話し合いだったそうです。

しかし・・

隣町のチームは更に状況が悪く

監督さんも

『合併するなら俺は辞める』

と言っていたそうです。

理由は

【野球観があわない】から。

結局・・

チームは合同チームとして生まれ変わりました。

しかし・・

隣町の監督さんはチームを去り・・

合同チームになったことで

両方のチームで3名の退部者が出ました。

これって・・

普通の事なのでしょうか?

仕方ない事なのでしょうか?

合同チームで・・

非常に難しい問題ですね。

合同チームになるということは

今まで積み重ねてきたチーム名がなくなったり

伝統あるユニフォームがなくなることもあるでしょう。

OBの方にご相談しなくてはいけないでしょうし

本当に大変なことだと思います。

ただ・・

大切なことは

監督をやりたい・やりたくないなどの

大人の考えが最優先されるのではなく

今いる子供の事を最優先に考えることが

一番大切なはずです。

【大人の見栄】ではなく

【子供の気持ち】を一番に考えて欲しいものです。

全員が納得するという答えは難しいかもしれませんが

少しでも多くの方が納得できるよう

何度も何度も話し合いを重ねるしかないのではないでしょうか?

~年中夢球~

 

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。