少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

高校野球~高校3年生が指導者になった時~

当たり前じゃない・・。

最後の夏

僕は・・

高校野球を最後までやれることは当たり前ではない・・

講演会でもずっとその言葉を言ってきました。

スタメンであろうと・・

ベンチであろうと・・

スタンドであろうと・・

高校野球を最後までやり遂げたことが奇跡であり・・

親御さんは・・

高校最後の夏にお子さんがスタンドにいても誇りに思って

夏を終えてください。

そう・・

講演会でお話してきました。

高校3年の夏・・。

どの選手にも・・

そして親御さんにとっても・・

特別なものです。

高校3年生の息子を持つ私も同じ思いです。

甲子園がなくなり・・

何とか開催できるようになった独自大会。

まだ多くの都道府県が無観客です。

無観客であれば・・

子供はグラウンドで・・

親は球場の外で・・

別々な場所で最後の夏を終えます。

今思う事・・

この数か月・・

本当に色々なことがありました。

最初は・・

何でこの子達の代に・・

そう思ったのも事実です。

でも・・

この子達は本当にたくさんの人に応援されています。

神奈川はまだ部活動が再開されていません。

『本間さん・・自主練の場所なかったらグラウンド使ってよ』

そんなお言葉もたくさん頂きました。

5月20日・・

甲子園が中止になったあの日から・・

私も心境の変化が出てきました。

今・・

心から想う事・・

それは『感謝』の二文字です。

たくさんの人に支えられていることを痛感しています。

当たり前の反対は・・

有り難し。

この高校3年生は・・

この意味を一番知っています。

そして・・

彼等が指導者になった時・・

伝えられることがたくさんあると思います。

~年中夢球~

 

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。