少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

高校野球 ~本当は泣きたかったんですよ~

この間20代の元高校球児の方と食事をする機会がありました。

『本当は泣きたかったんですよ・・』

そう彼は言いました。

常笑軍団

最後の夏・・

ノーシードの彼の高校は快進撃を続けていました。

【常笑軍団】がスローガンだった彼の高校は試合中も笑顔を絶やさないチーム。

【爽やかナイン快進撃!】

【常笑軍団ベスト8!】

地方紙の新聞にこんな見出しで掲載されていたそうです。

『今、考えると・・最初は自分達で笑顔を作ってたんですよ・・それは間違いないんです。

ただ騒がれれば騒がれるほど・・なんとういうのかな。

それをしなくちゃいけないというか・・作らされた笑顔だった気がします』

彼はそう答えてくれました。

負けた瞬間

ベスト8の試合で彼の高校は力尽きました。

甲子園に出場したことがある高校に大接戦の末・・敗退しました。

『負けた瞬間・・他の選手はどんな様子だったのですか?』

そう聞くと・・

『いや・・それが僕見てないんですよ。負けた瞬間・・しばらく下を向いてボーッとしていて・・。

誰かに肩をたたかれて・・我に返ってみんなを見た時・・笑顔でした』

そう答え・・

続けてこう話しだしました。

『だから・・あーみんな笑顔で終われたんだな・・って。

俺も笑顔で終わらなきゃ・・そう思いました』

誰かから泣き声が・・

試合に負けた後・・

取材がたくさん来ていたそうです。

彼自身も・・

他の選手も・・

涙を流さず・・

笑顔でその取材に答えていました。

取材陣がいなくなり・・

選手だけになった時・・

誰かからすすり泣くような声が聞こえてきました。

そのすすり泣きは・・

やがて・・

大声の涙声に変わり・・

次々に他の選手も全員が大声で泣いたそうです。

本当は泣きたかったんですよ

『試合が終わってすぐに・・

全員泣きたかったんですよ。

でもスローガンの事もあったし・・

新聞の事もあったし・・

なんだか爽やかに笑顔で終わらなきゃいけない・・

そんな雰囲気になってしまってたんですよね』

そう彼は話してくれました。

本当は泣きたかったんですよ・・

その一言が私の心にずっと頭の中に残りました。

【悔いなく終わりたい】

そう言っている高校球児の中には・・

【悔いなく終わらなければいけない】

と思っている球児もいるのかもしれません。

ひょっとすると・・

我々大人が

【創り上げてしまっている高校球児】

がいるのかもしれません。

敗れた次の日の新聞には

【○○高校!笑顔の敗戦】

そう書かれていたそうです・・

誰にも知られていない涙があります。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。