少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 あいさつの【後】の一言でコミュニケーションをとる

練習の始まり・・

皆さんのチームはどのように始まるでしょうか?

心のウォーミングアップ 

練習が始まる前に【心のウォーミングアップ】があると思うんですね。

その【心が前】がその日一日の練習を左右すると思っています。

道具を一つに並べるのも・・

チーム全員で心を一つに綺麗にする。

心を一つにしてこれから野球という一つのスポーツに取り組んでいくわけです。

この時点でバラバラなようでしたら一日の練習も心がバラバラなままになってしまいます。

私は野球ノートも練習後だけでなく練習前に選手達に書いてもらっています。

その記事はこちらから↓

野球ノートを練習前に書くメリット

では挨拶はどうでしょう?

当然の事ながら皆さんのチームでも挨拶はしていることと思います。

では・・

挨拶の後はどうでしょうか?

『おはようございます。今日は寒いですね』

『おはようございます。最近バッティングがイマイチなので今日お願いします』

『おはようございます。眠いっす』

ウチの選手達はいつからかこんな風に挨拶の後に『一言』を言うのが普通になっています。

挨拶の後の一言 

そして・・監督やコーチからも

『おはよう。今日は寒いからアップを念入りにな!』

『おはよう。最近ヘッドが下がり気味だから今日はそこ気をつけていこう』

『おはよう。早く体起こせよー』

こんな風に指導者からも選手に一言声を掛けています。

何気ない一言が【コミュニケーション】になります。

何気ない一言がお互いをよく知るための【ツール】にもなります。

肘や肩が痛い選手はなかなかそれを監督・コーチに伝えずらいものです。

ですが、毎朝、挨拶の後に一言を言う事が習慣化されていれば選手も言いやすいこともあります。

挨拶は人間関係の基本です。

「挨拶」という言葉には、

「挨」・・・心を開く

「拶」・・・相手に近づく

という意味があります。

挨拶の後の一言が更にお互いの距離を近付けるものになるかもしれません。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。