少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

横浜商業 28年ぶりの夏へ・・父から子へ。

28年前の夏…

水色のユニフォームの胸にYのマークを付けた一人の少年が甲子園の土を踏みました。

父から子へ

その息子は…

私の教え子です。

彼の名前は

稲妻大成。

たくさんの教え子を見てきましたが

野球に対する姿勢…

私生活…

彼はリトルの頃から抜きに出ている選手でした。

彼が5年生の時…

関東大会の準決勝で清宮君率いる北砂リトルの試合でフォアボールでガッツポーズをとったシーンは私の頭の中に今でも残っています。

当時から『チーム』を考えられる選手でした。

彼がチームに残してくれたもの

彼は最終学年では『主将』になりました。

私が怠慢なプレーをした選手をグラウンドから出した時…

その選手に稲妻はいつも駆け寄っていました。

『何でグラウンドを出されたかわかるか?何をすればグラウンドにまた入れるのかを本間コーチに伝えてこい』

彼はそう伝えていました。

そして、その行動は代々の主将に引き継がれ彼は『伝統』を残してくれました。

小学6年生がここまで出来るのだろうか…

僕にとって彼は強烈な印象を残した選手でした。

強さと優しさを兼ね備えているキャプテンでした。

父と同じ高校へ

そして、今…

彼は父と同じ水色のユニフォームに袖を通し主将として最後の夏を迎えようとしています。

その高校は・・

横浜商業…

通称Y校。

彼の父が甲子園に行ったのを最後に28年間…

甲子園から遠ざかっています。

先日…

高校のグラウンドで彼に会いました。

『どうだ?調子は?』

そう聞くと…

彼は苦笑いをしていました。

その苦笑いが何を意味しているのかわかりませんでしたし、私もそれ以上聞くことはしませんでした。

色々な想いが彼の胸の中で交錯しているのでしょう。

古豪復活へ・・

父の背中を追い…

父と同じユニフォームに袖を通して迎える最後の夏。

横浜商業の応援の太鼓には大きくこう書かれています。

『古豪復活』

と…。

28年間分のたくさんの人の想いがあります。

その中には昨年までY校でマネージャーをしていた私の娘の想いも含まれています。

古豪復活の夢は…

28年前に甲子園の土を踏んだ父から息子へ引き継がれています。

そしてY校には

『♪走れ走れ!2塁ベースへ!光より速く青い稲妻♪』

という応援歌があります。

稲妻がグラウンドを走り回る姿を夏に観に行くつもりです。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です