少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 お腹を痛めて産んだ我が子が野球が出来るということ

僕は父親というものは母親に叶わないと思っています・・

母親ってお腹にいるときから子供と一緒にいるわけですから。

お腹を痛めて産んだ我が子が・・

お腹を痛めて産んだ我が子が野球が出来るということ。

母が健康に産んでくれた【手】のおかげで

仲間にボールを投げ・・

仲間のボールが捕れるということ。

 

お腹を痛めて産んだ我が子が野球が出来るということ。

母が健康に産んでくれた【足】のおかげで

グラウンドを思いっきり走れ・・

仲間のヒットで帰って来れるということ。

 

お腹を痛めて産んだ我が子が野球が出来るということ。

母が健康に産んでくれた【眼】のおかげで

悔しい時に涙が出てきて・・

仲間と悔しさを共にすることが出来るということ。

 

お腹を痛めて産んだ我が子が野球が出来るということ。

母が健康に産んでくれた【鼻】のおかげで

グラウンドの土のにおいを感じ・・

仲間の汗のにおいも感じることが出来るということ。

 

母がお腹を痛めて産んだから僕が野球が出来るということ。

母が健康に産んでくれた【口】のおかげで仲間に元気を与え・・

母が健康に産んでくれた【耳】で仲間の励ましの声が聞こえるということ。

子供が野球をしてくれたおかげでキャッチボールをする我が子が見られ・・

子供が野球をしてくれたおかげでグラウンドを走り回る我が子を見ることができる。

 

子供が野球をしてくれたおかげで涙する我が子を見て想いを感じ・・

子供が野球をしてくれたおかげでグラウンドで精一杯呼吸している我が子を見ることができる。

子供が野球をしてくれたおかげで仲間に元気を与え仲間を励ます絆を見ることができる。

 

だから・・

選手は野球が出来る体に産んでくれたことを母に感謝し、

母は子供が野球をしていることに感謝すること。

子供が健康な体で野球が出来ることも・・

子供が野球をしているのも・・

【当たり前】の事じゃなくて、

【有り難し】ことですから。

 

お母さん・・

もし・・

我が子に求めすぎることに気付いたら想い出してください。

今日は言いすぎちゃったなと思ったら想い出してください。

お腹を痛めたときのことを・・

ただただ

【無事に産まれてきてくれればいい】

と思ったあの日のことを・・

お子さんを預かるということ 

年月が経つとついつい子供に求めるものが多くなってしまいますよね。

先日・・

少年野球の練習を見ていたら指導者の方が

子供にこう言っているのが聞こえました。

『何度同じこと言わせるんだよ。お前、きっと死んでもわかんねえだろうな』

最近・・安易に・・

『死ねよ』

『殺すぞ』

という言葉を使う子供たちが増えています。

我々大人を見てこの言葉を使っているのかもしれません。

親として命の尊さを子供に伝えていかなければいけませんね。

そして、我々指導者は、母がお腹を痛めて産んだお子さんを預かっているということを決して忘れてはいけません。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。
Comments (2)
  1. 藤田晃 より:

    いつも楽しく拝見させていただいてます
    携帯端末変更のため再度配信お願い致します

    1. 管理人 より:

      いつもお読みいただきありがとうございます。
      申し訳ございませんがこちらから特別な配信などはしておりませんが・・
      ブログが見られなくなったと言う事でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください