少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

少年野球 グローブは自分を映し出す鏡です

子供は新しいグローブを手にするとテンションが上がりますよね(^_^;)

硬式用グローブになれば4万…5万…とお値段も高くなっていきます。

グローブに込められた親の想い

スポーツ屋さんで子供が手にしたグローブ。

子供とグローブが出逢った瞬間です。

同じメーカーさんの同じグローブでも2つとして同じものはありません。

似ているように見えても違います。

そして・・

手に入れたグローブ。

そのグローブは親御さんが欲しい物を我慢して・・

自分の買いたい物を我慢して買ってくれたグローブです。

グローブを手にして喜ぶ子供の笑顔。

グローブを買うことによってまた野球を好きになってくれるという思い。

親にとっても色々な思いがグローブには込められています。

グローブを磨くときに・・

そのグローブを毎日毎日磨くお子さんはどんな気持ちなのでしょう。

おい…お前、試合の時…頼むぞ。

そんな風にグローブに話しかけているかもしれません。

お父さん、お母さん…ありがとう。

そんな風に感謝の気持ちを込めているのかもしれません。

練習で汚れたグローブを綺麗にしようとローションを使い…

型がくずれないようにとしっかり置いておく。

グローブは自分を映し出す鏡

われわれ親が子供を大切にするように・・

子供をグローブを大切にしているのだと思います。

われわれ親が子供にいろいろな想いを込めているように・・

子供もグローブにいろいろな想いを伝えているのではないでしょうか?

グローブは自分をそのまま映し出す鏡です。 

親への感謝への気持ちがあれば・・

グローブへ感謝の気持ちがあるはずです。

仲間を大切にする気持ちがあれば・・

道具を大切にします。

自分を磨こうととする気持ちがあれば・・

グローブも磨くはずです。

彼らにとってグローブは『同志』なのかもしれません

彼等にとってはグローブは自分の同志なのかもしれません。

自分の子供のように接しているのかもしれません。

私の子供もグローブを磨いているときに・・

グローブによく話しかけています。

彼等にとってグローブは生きているのかもしれません。

エラーをしたとき・・

よくグローブを見る子。

『よくグローブのせいにするな』

と言います。

私もそう言っていましたが・・

あれは『同志』に話しかけているのかもしれませんね。

『おいおい・・この場面で頼むよ』

『次は頼むよ』

そんな言葉を『同志』に話しているのかもしれません。

グローブ一つにいろんな思いがあります。

そして・・

グローブを磨くこと一つでも・・

野球はこれからの子供に役立つものを教えてくれます。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です