少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

バッテリー~『逃手』をプラスの『闘手』へ変える『捕手』~

バッテリー

二人で一人。

バッテリーは「夫婦」などと呼ばれることもありますね。

今日はバッテリーについてのお話です。

プラスとマイナスがあってバッテリー

電池の「バッテリー」のように野球の「バッテリー」にも「+」と「-」があります。

ピッチャーが少し弱気になっている時(-)があります。

高校野球を見ていると

キャッチャーの選手が

「腕を振れ」

というジェスチャーをよくしますよね。

あのシーン…

私大好きです。

ピッチャーがマイナスになっている気持ちを

プラスにしようとしているキャッチャー。

正に「バッテリー」

逆の場合もあります。

キャッチャーが何のサインを出そうか迷っている時に…

ピッチャーの選手が強気で「俺を信用としろ」という合図を送る。

正に「バッテリー」

「逃手」を「闘手」に変える捕手

「投手」はピンチの時に・・

そこから逃げ出したくなる「逃手」になってしまう時があります。

投手は

「一人だけど独りではない」

キャッチャーがそれを教えてあげることによって「逃手」は

闘う意志を取り戻し「闘手」に戻ることが出来ます。

キャッチャーはピッチャーの足りない所を「補う捕手」でもあります。

バッテリーに必要なもの

色々なタイプのバッテリーがあります。

ピッチャーが強気型のタイプ。

キャッチャーが強気型のタイプ。

仲良し型のタイプ。

色々なタイプがありますが

共通して必要なのは「信頼」です。

バッテリーに信頼がなければ

バックを守っている選手にも影響が出てきます。

バッテリーは行動を共にすることが多いですよね。

練習中のブルペン。

試合前の行動もバッテリーは別メニュー。

一緒にいるからこそ時にはプラスとプラスとなりぶつかり合う時も出てきます。

バッテリーは「分かち合う」

バッテリーは「分け合う」ではなく「分かち合う」

1枚のクッキーをただ半分にすることは「分け合う」

クッキーの美味しさをあいつにも味わってほしいと思って半分にすることが「分かち合う」

その「分かち合う」は嬉しいことばかりではなく辛いこともたくさんあるでしょう。

打たれて負けてしまった・・

パスボールが決勝点になってしまった・・

故障をしてしまった・・

二人でそれを「分かち合ってきた」からこそ

ピッチャーはマウンドという山に立ち

キャッチャーはピッチャーの顔を唯一見れる特等席に座ります。

 

その二人を見守るグラウンドとベンチの選手。

闘手と捕手が決めたその一球。

その一球には二人がたくさん分かち合ってきた想いが込められているはずです。

がんばれ!バッテリー!

がんばれ!バッテリーの親御さん!

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です