少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

野球~変化球で逃げやがって…~

ある試合の大事な場面でピッチャーの子が変化球を投げ打たれサヨナラ負けをした試合がありました。

変化球は逃げているのか?

「あの場面で変化球なんか投げて、気持ちが逃げている証拠だ。だから打たれるんだ」

コーチにそう言われている場面がありました。

バッテリーを呼んで話を聞きました。

「何で変化球を選んだ?」

「一番自信があったボールだったからです」

二人はそう答えました。

確かにストレートとバッターの対決は見ているものをワクワクさせます。

野茂投手と清原選手の対決などは胸を踊らせて私も見ていました。

変化球ピッチャーでもストレートに磨きをかけなければいけません。

ただこのピッチャーはストレートはそんなに速くなく、練習でも変化球を磨いてきた子でした。

普段から勉強熱心な子で

「変化球の握りを少し変えたいんですが何かいい握りありますか?」

「今日は曲がりが悪いんですが何ででしょう?」

私によく質問をしてくるピッチャーでした。

結果的に打たれてしまいましたが

この子達は「変化球で真っ向勝負」にいったのだと思います。

大切なのは

「球種」ではなく「気持ち」

ストレートだって打たれそうだと思って投げていれば打たれます。

ピッチャーとしての「個性」を磨く

今、中学野球や高校野球を見ると変則ピッチャーを多く見かけます。

特に左ピッチャーは多いですね。

色々な考えがあるかと思いますが

彼らは「ピッチャー」として自分に何が必要で何を「個性」としたらベストなのかを考えているのではないでしょうか?

もちろんストレートに磨きをかけるピッチャーもいるでしょう。

コントロールに磨きをかけるピッチャーもいます。

変化球に磨きをかけるピッチャーもいます。

フォームに磨きをかけるピッチャーもいます。

彼等はピッチャーとして自分が持っている「個性」を磨いているのだと思います。

その個性が錆び付かないように自らを磨いているのです。

「自信を持って投げた変化球」

「自信を持って投げたアウトロー」

試合で気持ちを込めて投げられるのは、彼等は日々、それを磨いてきたからです。

それは決して「逃げの球」ではありません。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です