少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

少年野球~父がグラウンドに入る時に注意する4つのこと~

皆さんのチームでは「お父さん」はどのような役割をしているでしょうか?

お父さんもグラウンドに入って子供と野球をしているでしょうか?

父の役割

①コーチとお父さんの線引きをしっかりするためお父さんは基本的にグラウンドには入れない

②コーチとお父さんの線引きはあるがグラウンドに入って手伝ってもらう

③お父さんが全員コーチとなってグラウンドに入る

どれもチームの考え方があり、正解はありません。

硬式クラブチームは①が多く、学童野球は②と③が多いといった感じでしょうか?

私はリトルリーグの指導者をしていますが、出来るだけお父さんもグラウンドの中に入っていただきたいと思っています。

①マシンのボール入れ

②ティーを上げてもらう

③ゲーム形式の審判

ゲーム形式で守備の人数が足りない時は守ってもらうこともあります。

せっかくグラウンドに来ていただいたのだから、何かお手伝いをしていただきたいという思いもありますし、グラウンドの中に入るからこそ我が子の何かが見えてくるかもしれませんから。

父が気をつけなければならない事①

お父さんがグラウンドに入っていただく時にお願いをしていることがあります。

「技術的な指導をしない」

これをやられてしまうと「コーチ」と「お父さん」の境目がなくなります。

監督、コーチは、一人一人の選手について、何度も話し合い指導をしています。

特にティーを上げてもらう時にアドバイスをしてしまうお父さんが時々いらっしゃいます。

本人は「良かれ」と思ってやってらっしゃるのですが、そこは大事な境界線です。

この境界線がなあなあになってくると、父はグラウンドに入れないという「規則」が出来上がるのかもしれません。

父が気をつけなければならない事②

グラウンドに入ると我が子を怒り始めるお父さんがいらっしゃいます。

「何やってんだ!」

「グラウンドから出ろ!」

こんな言葉を我が子に投げ掛けるお父さんがいらっしゃいますが、これはお父さんの仕事ではなく、監督とコーチの仕事です。

何度か注意させていただいても改善されない場合は他の子にも悪影響なのでグラウンドに入るのをお断りします。

 

父が気をつけなければならない事③


私のチームでは倉庫からの道具出し、ネットの準備、グラウンド整備は全て子供の手で行わせるようにしています。

自分達で使うグラウンドですから自分達の手で全て準備するようにしています。

お父さんたちにもその旨を伝えています。

子供がやるより大人がやったほうが早いのは当たり前ですが「自分たちの事は自分たちの手でやる」という事のほうが大切だという考えから、グラウンド上でのグラウンド整備や道具出しもお父さん達にはお断りをしています。

 

父が気をつけなければならない事④


キャッチボールやボール回し、ノックのエラーしたボールの球拾い・・

思わず捕ってあげたくなりますよね。

私のチームではそれもお断りしています。

自分でエラーしたボールは自分で捕りに行くのは当たり前ですし、試合中にお父さんが出てきてボールを捕ってくれませんから^^;

試合の時にはエラーしたボールを全力疾走で捕りに行かなければなりません。

練習からその癖をつけなくてはいけません。

 

わからない時は迷わず聞いてみましょう

チームによってお父さんがグラウンドに入るケース、入らないケースがあると思いますが、

グラウンドに入る時は注意しなければならない事もあります。

特に入部したばかりの時はわからないことがたくさんあると思います。

周りのお父さんや指導者の方に聞いてみるのが一番ですね。

~年中夢球~

 

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。
Comments (4)
  1. JUN より:

    この件。うちのチームはナアナアです(*´Д`*)
    そして…うちのパパはコーチなのですが、我が子には厳しくなっています。
    たまに…
    「それってコーチとしてじゃなく父として言ってないか?」と疑問に思う事を口にしたりしていて、母親としてはモヤモヤします。
    息子もお父さんがコーチってやりにくいんだろうと思います(>_<)
    コレはどう解決したら良いものか…と悩みます。
    少年野球もあと半年ですが…。

    1. 管理人 より:

      自分の子を厳しくすることを自慢気に話す方がいますよね。昔は私も自分の子に厳しくすることがいいと思っていた親でした。
      コーチングの前提は「平等」です。
      誉めることも叱ることも我が子関係なしに平等でなければいけないと思います。
      そこまで考えられるようになるまでに時間がかりましたが。

  2. 今井父 より:

    うちも今年から保護者にグランドへ入ってもらい、ボール拾い、ティー上げ等を手伝ってもらっています。
    道具出し、片付けは選手がやりますが、グランド整備は保護者が率先してやってくださいます。
    整備をしていただいている間、選手は監督からの指示やアドバイスを真剣に聞き、次の練習の準備にかかる事ができますので効率は良いです。

  3. JUN より:

    管理人様。ありがとうございます!
    うちの主人は、おそらく自分の子をヒイキしていると思われたくないのだと思うんです。その為、良いプレーの我が子を褒めるのも下手ですし、表現しません。
    もう少し我が子を褒めて伸ばしてあげでもいいのかな…とは思いますが。
    周りの保護者の目を気にし過ぎているのかもしれませんね。
    「平等」は難しいかもしれませんが、褒め上手なコーチになってほしいと願っています☆
    これからもFB投稿を楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事