少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球~お茶当番に例外はあるのか~

少年野球のお茶当番には色々な考えがあります。

今回はお茶当番があるチームの前提でお話ししていきたいと思います。

お茶当番の平等性とは?

お茶当番の平等性とは何なのでしょう?

皆がお茶当番をするということが一番わかりやすい「平等」になります。

しかし、色々なご家庭があります。

土日お仕事のご家庭もあります。

下のお子さんが小さくお当番ができないご家庭があります。

土日お仕事を持つ親はそのチームに入団することは出来ないのでしょうか?

乳児を持つお母さんはチームに入団することは出来ないのでしょうか?

各チームに色々な考えがあることでしょう。

私が言いたいことは、そのチームの決まりを入団前にはっきりと伝えてるべきだということです。

お当番が出来ないのであれば、入団出来ないのであれば、はっきりとその旨を伝えるべきなんです。

部員数が欲しいからと、そのことを伝えていなかったり、うやむやな言葉で濁していることが一番やってはいけないことです。

規則は規則なのか・・例外はあるのか・・

以前、私のところにこのようなご相談がきました。

「私のチームでは当番を絶対にしなくてはいけません。それを承知で入団しています。下の子供がまだ一歳です。今までは実家の母に預けていましたが、母が他界し、預けられる場所がなくなりました。主人は土日仕事です。どうしたらいいでしょうか?」

私は

「チームの方に相談されてみてください。必ず助けてくださる方がいらっしゃるはずです」

と返信させていただきました。

後日その方から連絡が来ました。

「規則は規則だから当番はやっていだだきます。無理なようでしたら退団という形になります」

子供に別のチームに行くことも相談しましたが本人がこのチームを辞めたくない・・

悩んだ結果、その方は野球のお当番の時にお金を払って子供を預けお当番に行っています。

 

このお話を聞いて皆さんはどう感じるでしょうか?

○規則は規則だから仕方ない。

○そこは例外があってもいいじゃないか。

意見が二つに分かれることになると思います。

そして、そもそもお茶当番は必要なのかという話になってきます。

その事は過去にも書いてあります↓

少年野球の当番

『やらない』と『やれない』

このチームには過去にもたくさんこういうようなことがあったのだと思います。

「例外」を作ると歯止めが止まらなくなるので「規則は規則」という答えをだしたのだと思います。

それが「平等」という考えなのでしょう。

このチームさんの考えもわからなくはないのです。

ひとつ例外を作るといくつもの例外が出てきてしまう・・

それもわかります。

ただやはり、手を差し伸べてあげてほしかった。

「お金を払って下のお子さんを預けてまで野球の当番をする」

私はやっぱり違和感を感じてしまうんですよね。

子供がチームを辞めたくないというチーム愛を持っているからこそ尚更、胸が締め付けられる話でした。

「やらないとやれない」は違う。

当番を「やれない」親御さんの気持ちをわかってほしいチームでいたいと思います。

ただ難しいのは「やらない」と「やれない」の境界線が難しいことです。

「やらない親」なのに「やれない親」の姿を持つ親の存在もあります。

お当番が出来ないようであれば別のお仕事をやってもらってもいいと思うんです。

書類の作成であったり、他にも色々なお仕事があると思いますので。

こうなると当番はそもそも必要なのかという話になり・・

お当番の問題は難しく永遠のテーマなのかもしれませんね。

~年中夢球~

 

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。