少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

高校野球~背番号の裏に込めた母の想い~

朝5時…

目覚ましがかかっていないのに目が覚めてしまう朝。

もう野球は終わったのに…

もう野球は終わったのに…

お弁当…

たくさんのお肉を思わず入れてしまう。

もう野球は終わったのに…

洗濯…

ユニフォームがない洗濯機の景色にまだ慣れない。

週末…

子供の野球を観に行かなくなる週末が始まる。

背番号…

もう背番号を縫うこともない大会前。

あれだけ、もっとゆっくり寝ていたかったのに。

あれだけ、お弁当を作るのも大変だったのに。

あれだけ、野球以外に行きたい所があったのに。

長い長い親子の野球人生が体に染み付いてしまっていますよね。

それだけ「野球」というものが親子にとって生活の一部になっていたのでしょう。

 脱け殻になってしまった親御さんへ

高校野球が終わると親御さんがいわゆる「脱け殻」状態になってしまうことがあります。

一生懸命、我が子を応援してきたからこそ起きてしまう感情でしょう。

アルバムから少年野球の姿や中学野球の姿を見て、もう見ることのないユニフォーム姿を見て、昔を懐かしがっている方もいらっしゃるかもしれません。

こういう節目に過去を振り返ることはとても大切です。

野球を辞めてしまうかもしれないと思ったあの日。

大事な試合で負けて悔し涙を流したあの日。

あの時の過去があったからこそ、高校野球最後の日を迎えることが出来たはずです。

そして…

過去を振り返ることでたくさんの人に支えられてきたことがわかります。

野球を辞めようと思った時に支えてくれた少年野球の仲間。

悔し涙を流した時に支えてくれた中学野球の指導者。

よく野球は一人では出来ないと言いますが、親子だけでも、きっとここまで来ることは出来なかったはずです。

そして、あなた方親子も「誰かのため」となって、助けてきたはずです。

高校野球が終わりを告げると親御さんがいわゆる「脱け殻」状態になります。

それは、きっと、本気で我が子の野球を応援してきたからです。

本当にお疲れ様でした。

ですが、いつまでも「脱け殻」であってはいけません。

お子さんの新たなプレーボールがはじまります

過去を振り返った後に、また前を向かなくてはいけません。

もう野球のために早く起きることもないかもしれません。

もう背番号を縫うこともないかもしれません。

もうお肉がたくさんのお弁当を作ることはないかもしれません。

もう野球をしている我が子を応援することはないかもしれません。

ですが…

お子さんにはまた新たな人生の「プレーボール」が始まります。

野球をしている我が子をあれだけ応援できた親御さんだから、これからのお子さんの人生も応援出来るはずです。

親の後押し

今回の写真はこの夏に引退した高校3年生の高橋賢多選手の背番号です。

最後の試合で背番号を外す時にお母様のこの一言に気がついたそうです。

そして、最後の試合で打てたヒット。

お母様が背中から後押ししてくれたヒットだったのでしょう。

我々も野球を終えた後でも我が子の背中を後押ししていく親で有りつづけたいですね。

高橋さん写真提供ありがとうございました。

~年中夢球~

 

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。
Comments (4)
  1. 元尾玲子 より:

    この親御さんの気持ちが二年後には私もそうなるんだろうな?と思いました。ううちは娘でソフトボールをやっています。今は毎週週末になると遠征で私も一緒に行って応援したりサポートをしたり楽しんでいるところです。娘の真っ黒になったユニフォームを夢が叶いますようにとおもいながら洗っています。本当にこれが終わったら寂しいんだろうな?週末は何をして私は過ごすのだろうと考えるととても切なくなり寂しくもなります。でも次のプレーボールが始まるその時まで親としてまた応援したいと思いますが私はまだプレーボールが始まったばっかりですので楽しみながら娘を支ええていきたいと思います。

    1. 管理人 より:

      私の娘も中学ではソフトボール部でした。
      サードの守備の近さにビックリしました^^;

      小学生でリトル、中学でソフト部、高校で野球部のマネージャー・・
      今年の夏で白球を追う娘の夏が終わりました。

      とても楽しい毎日でしたがやはりもっと見たかったなあと思ってしまう自分がいます。
      時間が許す限り娘さんとのソフトボールの時間を大切にされてくださいね!
      応援しております。

      1. Reiko より:

        返信有り難うございます。
        娘の夢が叶うその時まで親として子供と一緒に戦っていくつもりです。
        明日も県外で大会です。頑張って応援してきたいと思います。

  2. Reiko より:

    この親御さんの気持ちが二年後には私もそうなるんだろうな?と思いました。ううちは娘でソフトボールをやっています。今は毎週週末になると遠征で私も一緒に行って応援したりサポートをしたり楽しんでいるところです。娘の真っ黒になったユニフォームを夢が叶いますようにとおもいながら洗っています。本当にこれが終わったら寂しいんだろうな?週末は何をして私は過ごすのだろうと考えるととても切なくなり寂しくもなります。でも次のプレーボールが始まるその時まで親としてまた応援したいと思いますが私はまだプレーボールが始まったばっかりですので楽しみながら娘を支ええていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です