少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

少年野球~「今日野球楽しかった?」と聞いていませんか?

「今日、野球楽しかった?」

「野球が楽しかった」と言ってほしいのではないでしょうか?

 

野球をやり始めたばかりだったり、お子さんが野球に行く際になんとなく元気がないと感じた時に、お子さんが野球から帰ってきて、思わず言いたくなってしまう言葉ですよね。

ですが、よく考えてみると、この質問の答えは一つの選択肢しかありません。

「野球楽しかった?」

と聞かれれば

「楽しかった」

と答えてしまう子供がほとんどでしょう。

中には「楽しくなかった」と言えるお子さんもいらっしゃるでしょうが…

 

「今日野球、楽しかった?」

と聞いてしまうのは「楽しかった」と答えてほしい親の気持ちがあるのではないでしょうか?
そして、敏感な子供さんは、そんな親御さんの気持ちや言葉遣いや表情から察して

「楽しかった」

としか言わざる得ない時があるかもしれません。

子供が答えられるような聞き方を・・

私は基本的に自分から子供に野球の様子を聞くことはしませんが、どうしても気になる時は

「今日、野球どうだった?」

と聞くようにしていました。

「今日、野球楽しかった?」

と聞いて「楽しかった」とか「うん」と同意を求める誘導ではなく、子供の口から色々なことを聞きたかったからです。

 

「今日野球楽しかった?」

の質問では「楽しかった」「うん」という答えが多くなり、その答えを聴いて親が安心したいのかもしれませんん。

抽象的な答え方は抽象的な問いだからかもしれません

年齢が経つと子供は更に口数が少なくなり自分自身のことを言わなくなってきます。

「今日の野球どうだった?」

と聞いても

「別に」

「微妙」

「まあまあ」

こんな抽象的な答えが多くなってきます。

その抽象的な答えに今度は親御さんがイライラしてくるケースが出てきます。

「何が微妙なの?」

「別にじゃわからないじゃない!」

でも・・

よく考えてみてください。

「今日、野球どうだった?」

の問いのほうが抽象的じゃありませんか?

 

「今日、野球どうだった?」ではなく

「今日はバッティングどうだった?」と聞けば

「バッティングはイマイチだったけど守備は良かったよ」

という答えが返ってくるかもしれません。

 

「今日は監督・コーチと何か話した?」と聞けば

何か話してくれるかもしれません。

 

「〇〇君はどうだったー?」

自分以外の仲間のことだったらよく話してくれるかもしれません。

 

それでも子供が話したがらないのならば・・

そのままにしておくことも必要です。

我々大人が話したくないことがあるように子供にもそういう時があるはずですから。

聞かない勇気も必要です。

誘導ではなく・・

私が言いたいことは、子供に何かを問いかけるときに「親がこういう答えを返してほしい」という質問や聞き方があるのかもしれないということです。

特に真面目な子は親の顔色や表情から察します。

親が望んでいる答えがわかっています。

楽しくなかったのに「楽しかった」と毎週言わなければいけないことが、心にどんどん溜まっていき、いつの日か親でもどうしていいかわからないくらい溢れ出していきます。

意図しない答えを受け止めることが前提なのかもしれません。

「今日の野球楽しかった?」

「うん」

「楽しかった?」

の他にも

「わかった?」

「大丈夫だよね?」

も同じかもしれません。

そのやりとりは大人が誘導しているのかもしれません。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です