少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

高校野球~先輩から後輩へ 残していくもの・変えていくもの~

高校3年生はあとわずかで高校野球を終えます。

高校3年生の姿

引退試合が終わり、一区切りをつけた選手もいるでしょう。

そして、これからは、チームのための応援部隊にまわります。

高校2年生や1年生には3年生のその姿がどのように映っているのでしょうか。

譲られていくもの

ゆずり葉という木をご存知でしょうか?

若葉が出たあと、前年の葉がそれに譲るように落葉することからこの名前が付けられている木です。

引退を目の前に控え、高校3年生・中学3年生の先輩たちは、この時期に、後輩の選手に成し遂げられなかった悔しさ・代々伝わってきた伝統を後輩に譲ることによって役目を終えます。

ゆずり葉のように・・

成し遂げられなかった甲子園。

成し遂げられなかった全国への道。

色々な想いを後輩たちに託していきます。

その想いをグローブに込めて、後輩にグローブを渡す選手もいます。

先輩の汗が染み込んだグローブ。

きちんと手入れをしたそのグローブは、また次の年代の後輩へ譲られていきます。

そして、また次の年代へ。

たくさんの先輩の想いと汗が詰まったグローブになります。

グラウンドの土にも先輩たちが残してくれた汗と涙が詰まっています。

守っていくものと変えていくもの

しかし…

葉は変わりますが根っこは同じです。

それは「伝統」と呼ばれます。


変わっていいものもあれば、変わってはいけないものもあります。


代々、伝わってきたチームカラー。


それは、元気なのかもしれません。

決して最後まで諦めない姿勢なのかもしれません。

笑顔なのかもしれません。

そういう根っこは変わらずに、若葉である後輩選手たちが新しいものを付け加えていくことがチームとして必要なことです。

守るべきと変えていくべきこと。

現状維持だけではいけません。

最上級生のために

ウチのチームの卒団式は卒団する方も号泣するのですが、一緒にプレーをしてきた1学年下の選手たちも号泣します。

この瞬間に、卒団生の葉は落ちますが、新たな最上学年生が若葉を出す瞬間です。

根っこは変わらないまま・・

『チームカラー=伝統』というのは一年だけでなく、長い期間を経て、卒団していったたくさんの選手たちが作ってくれたものです。

大人が子供に譲るもの

高校3年の最後…

高校野球最後の日が一日でも長くなるようにと1年生と2年生も後押ししてあげてください。

置かれた場所で先輩の姿を焼き付けてください。

グラウンドの選手はもちろんですが、ベンチの先輩もスタンドの先輩の姿も目に焼き付けといてください。

伝統をしっかり受け継いでください。

そして、親子でも一緒ですね…

ゆずり葉。

いつか命がなくなる時までに、子供に譲るものが親としてあるはずです。

そして、子から孫へ・・

大人から子供へも一緒です。

見ることのない次の世代へ。

野球の素晴らしさを、大人が子供に伝え、見せ、譲っていくこと。

まだ見ぬ世代へ野球の素晴らしさを今の子供たちに伝えていきたいですね。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です