少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

『細く長く』ではなく『太く長く』野球をしてほしい

少年野球は通過点・・

よくこの言葉を耳にします。

太く長く野球をしてほしい

私も少年野球は通過点だと思っています。

もっと言えば・・

中学野球や高校野球へのスタート地点です。

僕は選手に【細く長く】ではなく・・

【太く長く】野球をしてほしいと考えています。

細くではなく太くというのは密度が濃いことだと思っているんですね。

野球の密度を濃くすることで・・

僕は長く野球が出来ると思っています。

どうやったら野球が上手くなんだろうと考え・・

どうやったらチームが勝てるのかを考える。

それを真剣に考え行動している選手。

その中で生まれてくる喜びや悔しさ・・。

その喜びや悔しさも・・

真剣に野球に向き合っている選手こそが糧にし・・

次へのステップへ進んでいく。

そして・・

どんどん太く長く野球を続けていけるのではないかと思っています。

野球を長くするために・・

太く長く・・

ではどうやったら長く野球を続けることが出来るのでしょうか?

それは【野球が好き】の一言につきます。

どんなに技術が優れた選手でも【野球が好き】という根っこががなくなってしまえば

野球を辞めてしまいます。

その【野球が好き】という気持ちを子供に持ち続けてもらうために

親御さんや指導者の方々は色々なきっかけづくりをしたり・・

様々なアプローチをしているわけです。

時に・・

子供は野球をしていて元気がなくなる時があります。

でも・・

元気とは【元の気】と書きます。

野球が好きという元の気がなくならないようにすることが

指導者や親の役目でもあります。

高校3年生へ・・

だからと言って・・

何でもかんでもむやみに誉めることが

【元の気】をなくさずに【野球が好き】という力を持続できるわけでもありません。

少しずつ少しずつ・・

【野球の本質】を彼等が知っていくことが僕は一番だと思っています。

野球というスポーツの奥深さ。

そこから学ぶ・・

仲間の大切さや最後まで一生懸命がんばる大切さ。

悔しくても・・

中々上手くなれなくても・・

野球が好きだという太い太い気持ちがあれば・・

一日でも長く野球が出来ると思っています。

高校3年生・・

この夏で燃え尽きることが出来なかったら・・

野球が好きならば・・

もう一つ上のステージで野球をやってみることも考えてみてください。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。