少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

Bチームに一人だけいる上級生の我が子を観に行けません

うちの子は高校2年生です。

未だにスタメンどころかメンバーに入れたことがありません。

Bチームにいる我が子

知り合いのお母様から一通のメールを先日いただきました。

息子が通う高校は週末になると毎週試合が組まれます。

AチームとBチームと二つのチームに分かれて行動しますが

息子はAチームに呼ばれたのは数えるほどです。

Bチームで二年生は息子一人のことが多く・・

親としてその姿が見るのが辛くて私は練習試合を観に行けません。

朝・・お弁当を作りながら涙が出てくることもあります。

早く冬が来てほしいと思ってしまう母親です。

冬が来れば対外試合もなくなりAとBに分かれなくてすみますから。

息子はAチームでもBチームでも関係ない。

野球が出来ればいいし最後までメンバー入りを目指してがんばると言っています。

ですが・・

私自身がどうしてもグラウンドに足を運べないのです。

ダメな母親です。

親として・・

Bチームに一人だけいる上級生の我が子。

このお母さんと同じ立場の方もいらっしゃるでしょう。

お母様に

『お母様だけがわかる息子さんの姿があると思いますよ。逆にお母様が知らない息子さんの姿があると思いますよ』

そうお話しさせて頂きました。

このお母様のお気持ち・・

痛いほどよくわかります。

ですが・・

そんな今の状況を見てあげられるのは親しかいないと思うんです。

数ヶ月後に・・

我が子を思う母の気持ち・・

一生懸命がんばっているのに報われない息子。

下級生の親の所に一人だけ上級生の親が観に行くことに躊躇もあるかもしれません。

お母様に最後にこうメールをさせていただきました。

お母様のお気持ち・・わかります。

でも・・あと数ヶ月後にお子様のユニフォーム姿を見ることも出来なくなってしまいます。

お子さんに野球のためのお弁当を作ることもなくなります。

ドロドロのユニフォームを洗濯することもなくなります。

その時に、もっと野球を観に行けば良かったな・・

そう思ってしまうと思います。

お子さんが最後までがんばっている以上、AチームだとかBチームではなく・・

純粋に応援してあげて欲しい・・

そう思います。

最後の夏は・・

予想以上に早く来ますから。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください