少年野球~高校野球 野球少年の親と指導者のブログ

少年野球 大事な試合に負けた時に子供に何を言おうとしていますか

決勝戦で負けた時・・

6年生最後の試合で負けてしまった時・・

うなだれて泣く子供達。

大事な試合で負けた時・・

僕が教えていた選手達は試合に負けると一目を憚らずに大泣きをします。

泣くことがいいとは思いませんがそれだけの練習をしたことを僕は知っていますから

彼等の涙は本物だと思っています。

同時にそんな彼等を勝たせてあげられなかったことに本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

指導者の皆さんや親御さんにも同じ想いがあることでしょう。

そんな彼等にどんな言葉を掛けてあげればいいのでしょうか?

選手にどんな声をかけますか?

「よくやった」

「がんばったぞ」

「次があるぞ」

もっと伝えたい言葉があるはずなのに・・

そんな時には何故かこのような当たり前の言葉しか出てこない時があります。

未来へ繋がる言葉

大切なことは『次へ繋がる言葉』です。

負けた悔しさを次にどう繋げるのか・・

6年生の最後の試合で負けてしまっても・・

この悔しさをどうネクストステージに繋げるのか・・

過去に焦点を当てるのではなく未来へ焦点を合わす言葉を掛けてあげることです。

そして一番大切なこと。

それは

「自分が言いたい言葉」

が大切なのではなく

「子供の立場になって出る言葉」

であるかどうかです。

誰のための言葉なのかということです。

自分が言いたい言葉よりも・・

「何を言おう?」

ではなく・・

「子どもたちはどんな気持ちになりたいだろうか?」

と考えてみる事です。

私はリトル最後の試合の時に一人一人に声を掛けます。

まずは

『ウチで野球をやってくれてありがとうな』

と彼等に感謝の言葉を掛けて彼等の未来への話をしています。

自分が言いたい言葉よりも子供が寄り添える言葉が

こういう時には大事だと思っています。

大事な試合で負けた悔しさを子供のせいにして

『お前のせいで負けたんだ』

などという言葉は声掛けでは無く子供を崖っぷちに追いやる『声崖』です。

~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください