少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

練習で出来ないことは試合で出来ないとは?

練習で出来ないことは試合で出来ないとよく言います。
練習でいかに試合を想定しているかという意識を子供に持たせているか・・

とても大事なことですよね。

いかに緊張感を持って練習に臨ませるか。
よく、練習で出来ていたのに試合で出来なかったと言いますが、
それは、練習のための練習になってしまっているからではないでしょうか?

では具体的にそれはどういうことなのでしょうか?

 

私が練習で取り組んでいることです。

よろしければご参考にしてください。

 

〇キャッチボール

よくボールを捕ってクルッと背中を向けてしばらくしてからボールを投げる子がいますが、うちは禁止です。「捕球から投げるまでに全て一連の動作で投げなさい。」と伝えてあります。「試合中に捕ってから背中を向けることはある?キャッチボールも試合を意識してやろうぜ!」と話しています。

 

〇ボール回し

ウチはボール回しで使うボールは一つです。ボール回しで暴投が出る。ウチの場合は、後逸したボールを順番待ちの選手が追いかけていきます。そして別の順番待ちの選手はカットマンに入っていきます。「自分の順番ではない時もボールから眼を切らないようにして動ける状況にいなさい。そして、決してプレーを止めないこと。試合中に暴投したらプレーが止まるのか?違うボールが出てくるのか?」と話しています。

 

 バッティング練習の守備

バッティング練習の守備ほど実戦に近いものはないと選手に話しています。球拾い感覚でやっている選手は残念ながらグラウンドから出される時もあります。そして捕って終わりではなくバックセカン・バックサードに投げさせて実戦を想定して守らせています。

 

〇イレギュラーの局面で観客になるな

外野フライをノックで打っていて、内野フライになってしまっても「ノー」と言いません。「直様に全員で誰が捕るのかをコールしなさい」と選手には伝えてあります。外野フライだから関係ないとボーッとしている選手は、こういうイレギュラーの局面に対応できません。そして、試合ではこちらが予想できないイレギュラーのことが発生します。そういう場面で全員が声が止まってしまうのではなく、何が起きたのかを声で伝達する癖をつけなさいと彼らに話しています。

 

「試合だと思って練習をやりなさい」と言葉にするのは、もちろんですが、具体的にそれがどういうことなのかを指導していくの指導者の役割だと思っています。~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です