少年野球~高校野球 子供を持つ親と指導者のサポーター~

個人差・・

A君とB君に山登りをしました。
A君は頂上まで、1時間でたどり着きました。
B君は同じ道のりで3時間かかりました。
二人とも頂上までたどり着くことができました。
頂上にたどり着いたという結果は同じです。ただ一つだけ違うこと・・それは「時間」です。

A君が早く頂上に着いたことは、もちろん、評価出来ることですが、頂上に着いたということはB君も一緒だということをしっかり評価してあげなければいけないと思うんですよね。

逆にB君のほうが、最後まで諦めない気持ちや大成するだけの、ねばり強さを持っている場合も少なくありません。

野球も同じで技術的なレベルには個人差があるということ。

チームの方針である「挨拶や全力プレー」は全員統一のものとして見なければいけませんが、技術的なことには個人差があるということを我々は再確認しなければいけませんね。

ただし、指導者や親御さんは、やはり、早く頂上に着かせてあげたいと思うのが心情ですよね。

同じ練習メニューをさせることが平等というご意見があるかもしれませんが、捕球体制の形がしっかり出来ていない選手やスローイングがおかしい選手は、ウチは、冬練では別メニューになることも多くあります。

言ってみれば、「お前、今のままだと、山を登ってるようで登ってないぞ!このやり方(捕球体制など)を覚えたら、もっと、早く、山を登れるぞ!」というような意味合いです

子供たちの多くは、今、山のどの辺を登っているかわからないかもしれません。
途中で山を登るのをやめようかと思っているかもしれません。

楽をして近道をしようとする選手がいるかもしれません。
そうすると、獣(おっかないコーチ)に出会います(笑)・・あっ自分か(笑)

時間に個人差があっても、我々、指導者は、頂上までの道のりをしっかり教えていき、正しい歩き方で歩くことを教えていかなければなりません。

そのためにも、練習メニューを考え、どうやったら精度が上がるのかを考え

週末のグラウンドのために何時間も準備しなければなりません。~年中夢球~

関連記事

by
野球少年を持つ親御さんと指導者の皆様へ元気を送り続ける[年中夢球]です。 神奈川野球雑誌『ОNEDREAM』に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です